アナリーゼ アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ 合奏・アンサンブル 思考と心 練習 身体の仕組み

音楽における当たり前

雨が降っていたら傘をさせば
濡れないですむけど傘をささず
いくら気合いを入れたって濡れる。

取り入れるカロリーより消費する
カロリーの方が少なければ太る。

収入がなくて支出ばかりなら
お金は減っていく。

譜面台の上に楽譜を置いたら
見える高さに楽譜がいるけれど
何もない空中に楽譜を
置こうとしたら床に落ちる。

身体の関節のないところを
曲げようとしたら怪我をする。

そんな当たり前のことはみんな、
ちゃんと世の中の原理原則に沿って
起きているんですよね。

有吉尚子です。こんにちは!

同じように
練習して自分で思ったように
演奏できるようになるには
ある程度の手順と時間が必要です。

もしもたくさん練習してるつもり
なのに全然うまくならないなら、
何かしら原則違反があるってこと。

時間が足りていないか
手順が間違っているか、
必要な情報が不足しているか。

うまくいかない方法で
いつまでも練習し続けるのは
体重計の上で1gでも軽くなろうと
精一杯力むようなトンチンカン
ことかもしれません。

何事もうまくいくための
原理原則を知っているかどうかって
重要なことなんですね。

楽譜はただ眺めていれば
情報が入ってくるわけじゃなく
ちゃんと読み方を知ってるからこそ
行間の意味がわかります。

アンサンブルだって何となく
一緒に音を出せば合うわけじゃなく
誰のどの音にどうやって
寄せたら良いかわかってるからこそ
合わせられるんです。

練習の手順だってココロと身体の
仕組みをわかってないまま
やみくもに100回繰り返すなんて
うまくいくほうが奇跡です。

そういう音楽における原理原則って
どこかで学んだことはありますか?

誰かに相談されたときに
「こうやって勉強すると良いよ」
というのが言えますか?

もしもやったことがあるし
学び方も知ってるとしたら、
それは自分だけで独占せず
必要としてる人に伝えていくべき
ものなのかもしれません。

ということをある講座で
「世の中のすべてのことには
原理原則がある」
というのを聞いて思ったのでした。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, 合奏・アンサンブル, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2020 聴く耳育成メソッド