楽器練習効率化ガイドブック

アマチュアでも小中学校の吹奏楽へ
教えに行ったりしている方は
少なくないと思います。

有吉尚子です。こんにちは!

音楽に最初に触れる段階で的確な
指導を受ける機会があるかないかは
その後の子供達の音楽人生を
大きく左右します。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

習う子供達には教えに来てる先生が
演奏のプロかアマチュアかなんて
関係ありませんから
アマチュアだってレッスンするなら
的確な指導スキルを
持っていたいですよね。

ではレッスンをする時に最低限
必要なスキルってなんでしょうか。

それは目の前の相手がどんな意図で
どんな音を出しているか
という情報をキャッチ
しようとする姿勢です。

目の前の子供がどんなことを
なぜやってるかにお構いなく
どこかで聞いたことがある、
読んだことがあるアドバイスを
ただ述べるだけなら本でも
薦めておけばそれでいいはず。

実際に個別のケースに対応して
適切な導き方を模索できるのが
生身の人間がレッスンするメリット
ですよね。

実際に出てる音を聴いて、
また行っている動作を見て
そこから情報をキャッチするのにも

キャッチした情報を使って
何がどうなってるか分析するのにも

また分析して見つけた改善策など
をどう個別のケースで
相手に還元するかにも、

それなりに技術が必要です。

でもそれはまず最初に、
自分が何を伝えたいかではなく
相手が何を必要としているかを
考える姿勢があってこそ。

情報のキャッチや分析や伝え方の
スキルはそれがあれば
いつからでも身につけることが
できます。

ぜひ気にしてみてくださいね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。