楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

学生時代に受けたレッスンで
なるほど確かに!
と思ったことがありました。

まだ譜読みが出来ていない曲を
週に一回あるクラリネットの
レッスンに持っていったんですね。

そこで先生から怒るでもなく
呆れたように言われたのが
「これでオレに
 一体どうしろっていうの?」
というひとこと。

どこが指が追いついていないかとか
楽譜が読めていないかは
自分でわかっているし、
そのための練習の仕方を
わたしが知ってるということも
先生はわかっています。

その時は大学院も2年生だったので
もうレッスンは運指を教わったり
練習方法を教わる場面ではなく
歌い方や音楽の運びを自分で作って
それに対して意見を聞かせてもらう
というようなことがメインでした。

そんなタイミングで
音楽がどうこうではない
譜読みが間に合っていない状態を
見せられたって教える方からしたら
言えることは何もないんですよね。

「一体どうしろっていうの」
という言葉が出るのも当然です。

なのでそのときは
「今回はまだこんな状態なので
来週までに仕上げて来ます」
と言って帰りました。

普段お仕事が忙しかったり
家庭の事情があったりで
練習時間がとれないから
レッスンの場で練習したいとか
練習の仕方を教えてもらう
という目的でレッスンに行くなら
もちろんそれでもいいでしょう。

それはそれで
目的がはっきりしているし、
その通りのことをするんですから。

レッスンはただなんとなく行けば
魔法をかけてもらって上手くなる
というものではなく、
それぞれやりたいことや自分なりの
課題があって行くんですよね。

なのでやってみた音楽について
意見がほしくて行くのに
その音楽を持っていかない、
というのはアウトです。

何しに行ってるのか
訳がわかりませんから。

そんなことをふと懐かしく
思い出したのでした。

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。