楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

身体の動きが増えたら
音は良くなって吹きやすくもなる、
じゃあということで
身体の動かし方を習おうなんて
思うことはありませんか?

それはそれで有効な場合も
たくさんありますが、
逆にそれだけでは全く効果が出ない
ということもあるんです。

なぜかというと身体の動きが
必要なのは表現したいことが
あるからこそのものだから。

どんな風にフレーズを演奏したいか
というビジョンが無ければ
身体にとっては別段動く
必然性がないんです。

何をしたいかわからなければ
目的のためにどんな動きが必要かも
わからないわけですからね。

「これをこう演奏したいから
身体の動きで良くなりそうなことを
教えてほしい」
というリクエストなら
提案できることはあるでしょうが、
音楽的な欲求がない状態
身体の動きについてだけ学んでも
残念ながら演奏が良くなったりは
しないんですね。

・息がもたない
・指がうまくいかない

そんな一見身体についてのお悩み
のように感じることにも、
「息を長く使えるようになって
 フレーズを長く歌いたい」
「指が快適に動くようになって
 思うように演奏したい」
そんな表現欲求があるんです。

その表現欲求こそが楽器や身体を
コントロールしてやりたいこと
なんですよね。

それが
「身体の動きを良くしたい」
になってしまうと
音楽的な意図とは離れてしまって
体操とか運動のようになってしまい
演奏に必要な繊細なコントロールは
難しくなってしまうという面も
あるし、
また本当に心からやりたいとは
思っていないために
うまく機能しないという面も
あるんですね。

音楽のために身体をコントロール
したい場合は
じゃあどこでどんなことかしたいか
というのをはっきりさせるのは
大切なことですね。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。