アナリーゼ コミュニケーション 思考と心 本番 音楽理論

ワケのわからない曲をやるとき

Pocket

現代曲や好きじゃない曲をやる時、「なんだかよくわからない」ということはないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

自分で意味がわかっていない曲を演奏するなんて憂鬱ですよね。

そしてそれを聴かされた人は演奏者よりもなおさら訳がわからないと感じるでしょう。

やっぱり曲を演奏するのはどんな盛り上がりをしてるとかどこが特徴で面白いとか演奏者が魅力に感じている部分を紹介しているからこそ面白いものだと思います。

本だって映画だって観光地だってオススメしてる人が「山があってそれを登ると遠くまで見晴らしが良くて風が気持ちいいし、滝もあって水しぶきがかかるくらい迫力があるよ」という風に魅力に感じてることを具体的に教えてもらうと「何だか良さそうだから行ってみようかな」なんて思いますね。

でも「山があって滝があるよ」なんて淡々と言われても「だから何なの」としか感じないのではないでしょうか。

これって作品を演奏するのも同じことだなと思います。

「音符がこう並んでる。強弱はこう書いてある」なんてことだけ提示されても「だからなに」なんですよね。

課題曲だから仕方がなかったり多数決で不本意な曲になってしまうなんてこともあるでしょうがその曲の良さはどこなんだろう、というのを見つけてそれを紹介する演奏をしたいものですね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, コミュニケーション, 思考と心, 本番, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド