アナリーゼ アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ レッスン 思考と心 音楽理論

自分には難しくてわからない

和声のとことか楽典とか、
「難しくてわたしにはわからない」
なんて諦めていませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

趣味で音楽をやるならもちろん
諦めて一生何にも考えずに
吹き続けるというのも自由です。

でも心のどこかで
本当はわかるようになりたいし
これからの人生でもっと音楽を
楽しめるようになっていきたい
という想いがあるのに
「どうせわからないし」
「所詮アマチュアだし」
なんて目をそらして
手の届かないからあの葡萄は
きっとすっぱいんだ、
なんて自分に言い聞かせては
いないでしょうか。

たとえば「和声学」
なんて言われると尻込みしそうに
なるかもしれませんが、
これはつまり
和音の役割りを知ることで、
ハーモニーをどうやって感じるか
ってことでしかありません。

難しそうだなと思うのは
誰に何を聴いたら良いか、
どこから何に手を付けたら
どんなことが身に付くのか
わからないからじゃありませんか?

それって得体が知れないから怖い、
オバケみたいなものですよね。

うすぼんやりと
「いくつか音が同時に鳴ってる」
というアンサンブルの聴き方で
一生をやり過ごすのではなく
「あ!ここは一瞬切なげな和音が
 聞こえるところなんだ!」
という耳になりたくは
ないでしょうか。

もしもちょっとでも新しいドアの
向こう側を見てみたい!
という興味があるなら、
どこから何に手を付けたら
何が面白くなるのかを知りに
レッスンに行ってみるのも
ありだと思いますよ!

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, レッスン, 思考と心, 音楽理論

© 2020 聴く耳育成メソッド