アナリーゼ アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ レッスン 身体の仕組み 音楽理論

「半年だけ!」と思って勉強しました

Pocket

根気よく基礎もやっていこう!そう決意しても長続きしない・・そんなことってありませんか?

人によってはダイエットとか禁酒・禁煙なんかも同じことが言えるかもしれませんね。

有吉尚子です。こんにちは!

わたしが基礎をやり直そうと思い立ったとき、はじめは「数年かけてやろう」なんて思いませんでした。

そんな時間もない気がしたし、根気が続くとも思えなかったし、第一演奏もしてるのにその仕事をセーブして勉強をやり直し終えた数年後って一体何歳になってるの?なんてモヤモヤしていましたから。

そこでとりあえず半年だけはレッスンに通ったり勉強したりを集中してやってそれでダメなら別の方法を考えよう!なんて感覚で改めてゼロからソルフェージュのレッスンを定期的に受け始めたのでした。

わたしの場合は運良く的確な指導をしてくださる良い先生にめぐり会うことができたので、やってるうちに自分でもどんどん変化していくのがわかって、そうすると学びを深めていくのが面白くなってくるんですね。

ちゃんと効果のある指導をしてくれる先生に出会えるかどうかが運次第という日本の音楽教育の状況は考えさせられますが。

ダルクローズのリトミックやアレクサンダーテクニークも平行しつつ結局3年ソルフェージュのレッスンにも通いました。

わたしは仕事もセーブして集中してレッスンを受ける!と決めた半年間が自分にとって音楽的な価値観や基礎の演奏への応用を含めてとても有意義な時間になり、その後の活動に大きく関わる変化のきっかけになったのは確かだと思っています。

なのでせっかく学んだのならとソルフェージュだけでなくアナリーゼや演奏のためのココロと身体のことなども含めた半年間の集中コースを本気で学びたい方向けで開講しています。

もちろんそういう学び方が誰にでもできるわけではないと思います。

ですから体験レッスンでの継続プランのご相談でもどなたにでもどのコースもオススメするわけではありません。

心身のことや奏法にだけ興味があるまたは単発で受けたいという方にはクラリネットの個人レッスンアレクサンダー・テクニークをオススメしており、ソルフェージュやアナリーゼは月1回以上(できれば週に1回以上)定期的に通える方にのみご案内しているんです。

ソルフェージュやアナリーゼは一度や二度受けただけでは変わらないので一回ごとの間隔が長期間空いて忘れてしまい学びがリセットされてしまったりするので継続は出来ないという場合、お互いにお金と時間が無駄になりもったいないからです。(もちろん「体験してみたい!」というのは大歓迎です)

反面、「この期間はがんばる!」と決めて定期的に通われる方はアンサンブルの耳も良くなったり奏法も自分で選べるようになったり曲の解釈も演奏しながらパッと自分で出来るようになったりと確実に変化していらっしゃいます。

プロで演奏の仕事をされてる方もいますが、趣味で吹奏楽をやっていてもっと上手くなりたいという方がほとんどです。

何年もかけてと思うと踏み出すのに勇気がたくさん必要かもしれませんが、その立ち止まってる間も人生は進行しているんですよね。

勉強するかどうか迷いながら過ごすストレスフルな間もあなたの人生の貴重な時間です。

自分がやってみての実感ですが、どうせやるなら早いにこしたことはないと思います。

もちろんやらないのも自由ですが状況を変えたければ思い切って「この期間は集中してやる!」なんて決めてしまうのもひとつの手段かもしれませんね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, レッスン, 身体の仕組み, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド