アナリーゼ アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ レッスン 思考と心 身体の仕組み 音楽理論

レベルが高そうで受けに行って良いのかわからない

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

わたしのレッスンでは「内容のレベルが高そうで自分なんか受けて良いのか・・」という声をよく耳にします。

楽典や音楽理論やソルフェージュ、演奏のための身体のしくみなどは全くやったこともないし用語もよく理解できてない、という方も大歓迎ですよ。

というか演奏自体は長くやってきて実は自信のない部分がある、という方に向けたレッスン内容になっています。

ただし。

まだドレミが読めなかったり各楽器の運指や基本的な音の出し方をこれから知っていく、という段階の方のレッスンは受け付けていません。

というのは本を読む前には文字が認識できている必要があるのと同じで、音符がわからなければ譜読み方法を知ることはできないし

楽器の取り扱いがわからないのにアレクサンダー・テクニークで偶然的に奏法の基礎が身に付くなんてこともないから。

楽器の初心者の段階ではわたしのレッスンに来てもお金と時間と機会がお互いに無駄になってしまうんですね。

どうしてもというご希望があるならもちろんレッスンでドレミの読み方からレクチャーすることもできますが、それはもっと安い料金で受けられる音楽教室がたくさんあるし、「専門的に勉強したい」とか「もっと深く学ぶ方法が知りたい」という方の受講のチャンスを奪うことにもなってしまうので基本的にお受けしていないんですね。

そういう初めての方の場合は適した教室や講師をご紹介するという形を取っています。

だってせっかく交通アクセスがすごく良いってわけでもないし料金が特別安いわけでもないというレッスンに通うならここでしか得られないものを得て帰っていただきたいですからね!

ドレミは当然わかるし楽器は長くやっているけれど譜読みや聴き取りなど基礎スキルにもっと自信を持ちたいという方がソルフェージュや音楽理論は初めてという場合は大歓迎ですからまずはご相談くださいね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, レッスン, 思考と心, 身体の仕組み, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド