アナリーゼ ソルフェージュ 合奏・アンサンブル 練習 音楽理論

機械的じゃない歌い方の練習

指のややこしい箇所の練習についてはこれまでにいくつか記事を書きました。

今回はゆらぎのある歌い方の練習についてご紹介します。

有吉尚子です。こんにちは!

これは無拍子でフェルマータばかりの現代曲でない限り、メトロノームを使うのがおすすめです。

「メトロノームで練習したらカチカチで面白みのない演奏になっちゃう!」

そんな風に思いますか?

もしも基準のテンポなしにテンポをキープしつつ歌えるならそれで練習するのもいいでしょう。

でも。

日本のプレーヤーは多くの場合言葉の習慣からの影響からか「歌う=遅らせる」になってしまって、歌いこもうとするほどズルズルとテンポが遅くなって行くというパターンがよく見られます。

揺らした後で戻ってくる基準としてメトロノームはかけながら練習しましょう。

ここではメトロノームの鳴っている音全部にピッタリ合わせるのではなく、頭の拍やフェルマータ明けに戻って来たいポイントを決めてそこに戻ってこられるよう歌い方を調節するんです。

音が遠くに離れていく跳躍のときやフェルマータ前など溜めたりゆっくりしたりする部分はどのタイミングからどんな風に緩めようか溜めようかというのを色々試して自分でしっくり来る歌い方を見つけましょう。

またスコアを見て他の楽器と一緒になるのはどの音なのか、その一緒の音をどうやったらお互いに合わせやすく吹けるか、そういうことも色々実験してみましょう。

どんなに緩んだり溜めたりしても戻って来られたらいいですがテンポ自体が変わっては効果がないどころか気持ち悪い演奏になってしまいます。

メトロノームはそれを防いでくれる練習の心強いサポーターですね!

色んな練習があるでしょうが、やり方のひとつとして知っておくと役に立つ時があるかもしれません。

ピンときたら試してみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 合奏・アンサンブル, 練習, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド