楽器練習効率化ガイドブック

団員だけで自主的に練習をする時、
なんとなくしっくり来ないけれど
何が変なのかいまいち
ハッキリわからない・・
そんなことってありませんか?

音程も和音も合っているのに
なんだか響きの濁った感じがする、
チューナーで調べてみても
そんなにおかしなことには
なっていないはずなのに・・
なんて。

それはもしかしたらバランスのせい
かもしれません。

有吉尚子です。こんにちは!

和音の中にはしっかり鳴っていて
周りを支えてほしい音と、
支えにそっと乗るだけにしたい音、
支え役とそっと乗る役の
クッションになるつなぎ役、
色んな音があります。

それは和声学的なことだけじゃなく
楽器の組み合わせや、
会場で響きやすい音域なんかも
考慮に入れたのバランスのこと。

たとえばフルートとオーボエだけの
高音楽器アンサンブルは何だか
響きが収まりにくい感じもしますが
ファゴットが入ったら途端に
全体のまとまりが良くなったり
しますよね。

またコントラバスが細かい技巧的な
動きをしている場面よりも
長い音で伸されているときの方が
落ち着き感があります。

どのパートを大きめに出すか、
際立たせたいのはどこか、
場面や狙いによって違いますが
アンサンブルを作るには
そんなことも考えたいものです。

とはいえではそれを学びましょう!
というのはプロの指揮者を
目指してるというのでない限り
ハードルが高いかもしれません。

まずはいいバランスのものを
たくさん聴いて違いを知ること。

そうじゃないものを聴いたら
違和感を感じられるくらい
たくさんのサンプルを聞いた経験が
あるというのが第一歩です。

そのためにやみくもではなく
どこに着目して何を聴くのか、
それを学ぶのがソルフェージュ。

「なんか変」の何がどう変なのか
わかるようになったら、
すいぶん聞こえる世界が変わる
ものですよ!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。