コミュニケーション ソルフェージュ レッスン

なんか変だけど何が変なのかわからない

Pocket

団員だけで自主的に練習をする時、なんとなくしっくり来ないけれど何が変なのかいまいちハッキリわからない・・そんなことってありませんか?

音程も和音も合っているのになんだか響きの濁った感じがする、チューナーで調べてみてもそんなにおかしなことにはなっていないはずなのに・・なんて。

それはもしかしたらバランスのせいかもしれません。

有吉尚子です。こんにちは!

和音の中にはしっかり鳴っていて周りを支えてほしい音と、支えにそっと乗るだけにしたい音、支え役とそっと乗る役のクッションになるつなぎ役、色んな音があります。

それは和声学的なことだけじゃなく楽器の組み合わせや、会場で響きやすい音域なんかも考慮に入れたのバランスのこと。

たとえばフルートとオーボエだけの高音楽器アンサンブルは何だか響きが収まりにくい感じもしますがファゴットが入ったら途端に全体のまとまりが良くなったりしますよね。

またコントラバスが細かい技巧的な動きをしている場面よりも長い音で伸されているときの方が落ち着き感があります。

どのパートを大きめに出すか、際立たせたいのはどこか、場面や狙いによって違いますがアンサンブルを作るにはそんなことも考えたいものです。

とはいえではそれを学びましょう!というのはプロの指揮者を目指してるというのでない限りハードルが高いかもしれません。

まずはいいバランスのものをたくさん聴いて違いを知ること。

そうじゃないものを聴いたら違和感を感じられるくらいたくさんのサンプルを聞いた経験があるというのが第一歩です。

そのためにやみくもではなくどこに着目して何を聴くのか、それを学ぶのがソルフェージュ。

「なんか変」の何がどう変なのかわかるようになったら、すいぶん聞こえる世界が変わるものですよ!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, ソルフェージュ, レッスン

© 2021 聴く耳育成メソッド