コミュニケーション レッスン 合奏・アンサンブル 思考と心 練習

もっとも効率的な学び方

Pocket

リーダーを任されることが多いと「本当は自分だって吹きたいのにリーダー役なんて損だ!」なんて思うことはありませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

わたしはレッスンや講座で教えるのを始めたばかりの学生のころにはよく「それより自分の練習したいのに」なんて思っていました。(今はそんなことありませんが)

でも誰かに自分の知ってることや技術を教える作業というのはちゃんと言語化して伝えるために頭を整理することにもなり、この練習がどんな効果があるのかややこしいところを出来るようにするために有効な練習はどんなものなのか、なんてただ自分が練習するだけよりもずっと考えるようになるんですね。

そしてただ頭を整理するよりも口に出して伝えることは繰り返し情報に触れることで自分にもレッスンしてるのと同じような効果があるんです。

アウトプットすることってものすごく効果の高い学びになるんですね。

だからいつもリーダーをやる人は教わるばかりの人よりもずっとずっとハイスピードで上達していくんです。

自分が吹く時間は短くなっても全然損な役ではないんですね。

と聞くとリーダーじゃない人は上達速度は遅いままでいるしかないのかと思いますが、これもそんなことはありません。

指導する機会のない方も日記やブログやSNSで自分が学んだことや気付いたことを書いていくとアウトプットになりますし、それを他人に見てもらうことでより学び方や頭の整理の仕方が洗練されていきます。

また実際に会った時に「これってどういうこと?」なんて質問されたりしたら自分でも調べるし考えるのでさらに身に付くんですね。

リーダーをやる方はもちろん、リーダーじゃない方もどんどんアウトプットするのはとってもオススメな方法です。

このブログで読んだことも自分なりにまとめて発信するのに役立ててくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, レッスン, 合奏・アンサンブル, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド