ソルフェージュ 練習

耳が良いってどういうこと?

「耳が良い」「耳の良さが大事」
なんてよく聞く言葉ですが
具体的には何がどんな状態になると
「耳が良い」というんでしょう?

ちょっと漠然とした言葉ですが
あまりにも多く出会うので
自然に受け取ってしまいがちです。

でも実際何をしたらいいのか
何を目指したらいいのかも
よくわからない・・ということも
少なくないのではないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

解釈は色々でしょうが、
わたしは音楽においての耳の良さは

・音の変化や違いを聴き取れること

・変化や違いが理想に近づいたのか
 遠ざかったのか判断できること

この2つだと思っています。

まずはじめにどんな小さな音が
感知出来るかというのは
音楽的な耳とは関係ないことは
明らかですよね。

そして楽音は前後との比較や
周りとの比較などで
特徴付けられます。

どんなに大きい音でも
周りがうるさい状況なら
「大きい音」とは言えませんし、
そんなに激しい大音量じゃなくても
静かな場面で突然一段階大きな音が
聞こえたら印象的に感じられます。

音色も自分の知ってる中で考えると
透明だとか丸いとか感じますが
比較対象が何もなければ
何とも判断のしようがありません。

音の運び方や歌い方もそうですね。

その比較をどんな精度で出来るか
というのが変化や違いを感じること
なんですね。

変化や違いがわからないというのは
聴力の問題ではなく

・注意する気や興味がないこと
・着目するポイントを知らないこと

という2つどちらかまたは両方の
原因があると思います。

興味がない場合は他人からは
どうしようもありませんが、
着目するポイントを知れたら
たいていの場合は
それまでスルーしていた音の変化が
聴こえるようになります。

・どんな風に変わる可能性があるか
・どこが変わるかもしれないのか

そんなことを前もって知ってから
耳を澄ますと受け取れる情報が
格段に増えるんですね。

これはそもそも聞こえているけれど
意味があるということを
知らなかったから
情報として認識してなかったことを
認識したというだけです。

つまり耳には入っていても
どうでもいい気にしなくていい情報
だと解釈されてたことが
原因なんですね。

情報を何でもかんでも
意味を持って認識していたら
頭がパンクしてしまいますから
これは自然な機能です。

そして一旦意味があると認識したら
音楽に用がある限り
もうどうでもいい扱いをすることは
ないわけです。

ふたつ目の

・変化や違いが理想に近づいたのか
遠ざかったのか判断できること

については長くなるので
次の記事に書きますね!

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-ソルフェージュ, 練習

© 2020 聴く耳育成メソッド