アナリーゼ ソルフェージュ 思考と心 曲・楽譜 音楽史・作曲家・演奏家

モーツァルトはつまらない

Pocket

「モーツァルトはつまらない」

そんな大胆な発言を聞いたことはあるでしょうか。

わたしは度々そんなコメントを耳にすることがあるのです。

「モーツァルトって本当に良い?」

「有名なだけで面白くない」

「これから淘汰されるよ」

これを聞いてどう思いますか?

わたしは大変滑稽でトンチンカンなコメントだなといつも感じます。

だって時代をまたいで国境を越えてもたくさんの人に愛される魅力があるからこそ現代まで残っているのであり、その人にモーツァルトの作品それぞれの良さがわかっていないというだけなのですから。

これはモーツァルトに限ったことではなく他の作曲家やジャンルに置き換えても同じことが言えます。

それは良さをわかっていない人の勉強不足というのもありますが実はそれだけではありません。

その人が聴いたことのある演奏が魅力的でなかったということも原因の一つになるのですね。

演奏した人がその作品の魅力を理解していなければ聴く人にそれが伝わるのは自然なこと。

「つまらないな」と思いながら演奏したらどんなに素晴らしい作品もつまらなく聴こえるものです。

普段の会話を思い浮かべるとよくわかるでしょう。

電車が大好きな人が語る車両や駅の特徴を聞くときと、電車には全く興味のない人が語る同じ内容を聞くとき。

「なんだか面白そうだな、ちょっと調べてみようかな?」

なんて気分になるのはどちらのお話を聞いた時でしょう。

考えるまでもありませんよね。

また違う例だと、お母さんが好きで見ている番組はどんな変なテーマであっても子供も興味を持ったりするもの。

これはわたしの母がそうでした。

タモリさんが司会をしている「世にも奇妙な物語」という番組がありますよね。

うちの母はこれが大好きで放送のある日は早くから夕飯を終え時間までにテレビの前に座れるよう万全の準備をしていました。

わたしはそれよりドラえもんとかドラゴンボールが好きでしたがなぜかその不思議な番組は「よくわからないけど面白いはずだから絶対観たい!」と思っていたものでした。

楽譜に込められている面白い要素を読み取れていなければ、作品の魅力を伝えるような演奏にならないのは当たり前のこと。

そして語る本人が面白さを理解していないままその魅力を伝えるなんてとうてい無茶なこと。

「このジャンルはおもしろくない」

と思ったら、それはあなたの聴くスキルと表現した奏者のアナリーゼ力が足りていないというだけのことかもしれませんよ。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 思考と心, 曲・楽譜, 音楽史・作曲家・演奏家

© 2021 聴く耳育成メソッド