楽器練習効率化ガイドブック

「モーツァルトはつまらない」

そんな大胆な発言を聞いたことは
あるでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

わたしは度々そんなコメントを
耳にすることがあるんです。

「モーツァルトって本当に良い?」

「有名なだけで面白くない」

「これから淘汰されるよ」

これを聞いてどう思いますか?

わたしは大変滑稽でトンチンカンな
コメントだなといつも感じます。

だって時代をまたいで
国境を越えてもたくさんの人に
愛される魅力があるからこそ
現代まで残っているのであり、
その人にモーツァルトの作品
それぞれの良さがわかっていない
というだけなんですから。

これはモーツァルトに限ったこと
ではなく他の作曲家やジャンルに
置き換えても同じことが言えます。

それは良さをわかっていない人の
勉強不足というのもありますが
実はそれだけではありません。

その人が聴いたことのある演奏が
魅力的でなかったということも
原因の一つになるんですね。

演奏した人がその作品の魅力を
理解していなければ聴く人に
それが伝わるのは自然なこと。

「つまらないな」
と思いながら演奏したら
どんなに素晴らしい作品も
つまらなく聴こえるものです。

普段の会話を思い浮かべると
よくわかるでしょう。

電車が大好きな人が語る
車両や駅の特徴を聞くときと、
電車には全く興味のない人が語る
同じ内容を聞くとき。

「なんだか面白そうだな、
ちょっと調べてみようかな?」

なんて気分になるのは
どちらのお話を聞いた時でしょう。

考えるまでもありませんよね。

また違う例だと、
お母さんが好きで見ている番組は
どんな変なテーマであっても
子供も興味を持ったりするもの。

これはわたしの母がそうでした。

タモリさんが司会をしている
「世にも奇妙な物語」
という番組がありますよね。

うちの母はこれが大好きで
放送のある日は早くから夕飯を終え
時間までにテレビの前に座れるよう
万全の準備をしていました。

わたしはそれよりドラえもんとか
ドラゴンボールが好きでしたが
なぜかその不思議な番組は
「よくわからないけど
面白いはずだから絶対観たい!」
と思っていたものでした。

楽譜に込められている面白い要素を
読み取れていなければ、
作品の魅力を伝えるような演奏に
ならないのは当たり前のこと。

そして語る本人が面白さを
理解していないままその魅力を
伝えるなんてとうてい無茶なこと。

「このジャンルはおもしろくない」

と思ったら、
それはあなたの聴くスキルと
表現した奏者のアナリーゼ力が
足りていないというだけのこと
かもしれませんよ。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。