楽器練習効率化ガイドブック

「もっと練習してくれないかな」

「そうじゃないって何度も
 言ってるのに全然通じない」

「あの人なぜいつも間違えるの?」

そんなイライラに悩まされること、
これを読んでる熱心な奏者さんには
きっとたくさんありますよね。

有吉尚子です。こんにちは!

合奏全体を良くしたいという思いが
強ければ強いほどそういう周りへの
フラストレーションは溜まるもの。

自分はこんなに頑張ってるし、
伝え方だって工夫してるし、
もっと向上したいのに!

そんな気持ちもよくわかります。

どっちが誰が悪いってことじゃ
決してないんですよね。

とはいえ自分と考え方や
音楽への向き合い方が
根本的に違う人と付き合うのは
ストレスなのも確か。

自分が当たり前だと思ってることを
やりたくないと思っていたり、

これだけ噛み砕いて伝えれば
きっとわかってもらえると
思ってたことをさっぱり理解して
もらえなかったり。

そんなときはガッカリするし
イライラしない方が難しい
なんて思っちゃいますよね。

でもこのガッカリ・イライラって
実はあなたの期待が引き起こしてる
ことなのかもしれません。

「これくらい言えば伝わるはず」

「この前提は共有してるはず」

「この気持は誰でも持ってるはず」

それは実は世の中全体にとっての
当たり前ではなくて
「あなたにとっての当たり前」
でしかないのかもしれません。

相手がダメなのではなく
ただ違う思考パターンを持っていて
違う生き方をしてきていて、
ただ単に自分とは違う人間である
というだけ。

伝わらないのは当たり前。

トンチンカンで当然。

考えが違っても仕方ない。

そういう前提でいたらどうですか?

自分にとっての当たり前を
満たさない人に対する苛立ちって
少しは緩和されないでしょうか。

通じないのが当たり前なんだから
もっともっと言葉を尽くそう。

わかり合えてないのが当然だから
思ってるより丁寧に向き合おう。

そんな風に思えたらしめたもの。

全ての苛立ちや失望は
期待から始まると思っていたら、
イラッとしたときには

「もっとわかりあえてるはずだと
 思ってたんだな」

「この前提は共有できてることを
 自分は期待してたんだな」

ということに気づくでしょう。

他人に期待しないというと
冷たい感じがするかもしれませんが
むしろ心のさざ波が減って
穏やかに接することができるように
なるのかもしれませんね。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。