ソルフェージュ 思考と心 練習 音楽理論

聴いた音の良し悪しの判断

有吉尚子です。こんにちは!

・音の変化や違いを聴き取れること

・変化や違いが理想に近づいたのか
遠ざかったのか判断できること

音楽においての耳の良さは
この2つだというお話を
前回の記事でしました。

今回は二つ目の

「変化や違いが理想に近づいたのか
 遠ざかったのか判断できること」

これについて考えてみましょう。

演奏していて、
またコンサートやレッスンで
誰かの演奏を聴いていて、
変化したということがわかったら
それにどんな意味があるかを
無意識に解釈してるでしょう。

自分が演奏しているのなら
今の奏法をそのまま続けるか
新しいやり方に変えるかを
選択するにはその変化が望みに
近づいているのか離れているのか
判断できなければなりません。

レッスン現場なら自分が演奏
している場合と同じことですが、
コンサートなんかの場合は
前後関係や全体のバランスで
語られているストーリーが見えたり
奏者が曲の中でどんなところを
聴かせたいのかわかったりします。

「違いはわかります。
でもその意味はわかりません。」

これでは進むべき道なのか
そうじゃないのか
何とも言えませんし、
ストーリー展開なんて見えないので
単純な周波数や倍音などの変化
だとしか感じられません。

せっかく変化を情報として得たのに
その活かし方がわからなければ
情報を得ていないのと同じこと。

持ち腐れですね。

そして受け取った情報を
どう活かすかは、
音楽的な価値観がどんなふうに
作られているかに影響
されるのではないでしょうか。

音楽も民族によって地域によって
何を良いと感じるか違うし、
受けた教育や取り巻く文化によって
情報は意味が変わります。

その意味がわかるようになるのは
才能や突然変異ではなくて
意味付けをされる機会に
出会ったことがあるからです。

「こんな音はいい音だよ」
と教わったことがあるとか、
「この歌い方は気持ち悪いね」
というのを聞いたことがあるとか、
そういう価値基準を作られる経験を
たくさんしているからこそ
音の変化が良いかダメか
自分で判断出来るんです。

・情報を受け取ること
・それを活かせること

これがいわゆる耳が良くなる
ってことだとわたしは思います。

今回はちょっと堅苦しい話に
なってしまいましたが、
この「耳の良さ」は
生まれつきとか才能ではなく
身につけようとするかどうか
結果を左右すること
なのではないでしょうか。

もし耳を良くしたいと思うなら、
情報の受け取り方とその活かし方を
学ぶことは誰にでもできますよ。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-ソルフェージュ, 思考と心, 練習, 音楽理論

© 2020 聴く耳育成メソッド