アレクサンダー・テクニーク レッスン 思考と心 練習

いつ出来るかわからなくて焦る

何となく好奇心で初めての楽器をやってみようと思ったとき、何をどれくらい練習したらどんなことが出来るようになるのかさっぱりわからなくて満足に演奏するためには果てしない道のりがあるような気がしちゃいませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

わたしは普段演奏して慣れているクラリネット以外の楽器は同じ時間同じ手順で練習しても同じように上達はしないのですぐに飽きてしまいます(笑)

これは積み重ねてきたスキルがあるかどうかも関係しますが、出来るようになるまでの見通しが立てられるかどうかという心理面も大きいように感じます。

大変な仕事をしているときや人を待っているときやトイレを我慢しているようなときも後何日、何分がんばったら終わる!というのがわかったらモチベーションも上がりますが、いつ終わるかわからないし今がどんな段階かもわからない、という状況では頑張れなくてイヤになったり諦めたりしがちですよね。

そういう楽器演奏で言うなら今の自分にどんなことが出来て何の練習が効果的かという必要な手順や時間がわかるのも知識や経験から積み重ねて得てきた一つのスキルなんですね。

最初はやはりレッスンなどで専門家に尋ねるのが一番の近道でしょうが、やっていくに従って慣れていくので「この曲ならこんな手順でこれくらいさらう時間が必要だ」なんてことを考えてスケジュールを組んでいくのも「ヤバイヤバイ!まだ出来ない!」なんて練習段階では常に焦りながら過ごさずに安心して進めていくのに役立つかもしれませんね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド