楽器練習効率化ガイドブック

何となく好奇心で初めての楽器を
やってみようと思ったとき、
何をどれくらい練習したら
どんなことが出来るようになるのか
さっぱりわからなくて
満足に演奏するためには
果てしない道のりがあるような
気がしちゃいませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

わたしは普段演奏して慣れている
クラリネット以外の楽器は
同じ時間同じ手順で練習しても
同じように上達はしないので
すぐに飽きてしまいます(笑)

これは積み重ねてきたスキルが
あるかどうかも関係しますが、
出来るようになるまでの見通しが
立てられるかどうかという
心理面も大きいように感じます。

大変な仕事をしているときや
人を待っているときや
トイレを我慢しているようなときも
後何日、何分がんばったら終わる!
というのがわかったら
モチベーションも上がりますが、
いつ終わるかわからないし
今がどんな段階かもわからない、
という状況では頑張れなくて
イヤになったり諦めたり
しがちですよね。

そういう楽器演奏で言うなら
今の自分にどんなことが出来て
何の練習が効果的かという
必要な手順や時間がわかるのも
知識や経験から積み重ねて得てきた
一つのスキルなんですね。

最初はやはりレッスンなどで
専門家に尋ねるのが
一番の近道でしょうが、
やっていくに従って慣れていくので
「この曲ならこんな手順で
 これくらいさらう時間が必要だ」
なんてことを考えて
スケジュールを組んでいくのも
「ヤバイヤバイ!まだ出来ない!」
なんて練習段階では常に焦りながら
過ごさずに安心して進めていくのに
役立つかもしれませんね。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。