楽器練習効率化ガイドブック

普段は丁寧に音を出すけれど
合奏になるとついつい雑になったり
難しい箇所に差し掛かってうっかり
いい加減な音の出し方をして
変な音になったり、
そんなことってありますよね。

有吉尚子です。こんにちは!

そういうちょっと今だけのつもりの
望んでない吹き方って
やっぱりそういう吹き方をした経験
として脳は記憶していくもの
なんですよね。

だからいつでも丁寧に音を出すよう
心がけるのは大切なんですが、
それでも人間ですからついうっかり
いい加減になってしまう瞬間って
あると思います。

そういうときは気がついた時に
すぐ一旦吹くのをやめるのが
結構役に立ちますよ。

吹き続けながらちゃんとした
吹き方に転換しようと思っても、
わかってるけどやめられない状態に
なってしまいがちなんですね。

これは身体がそもそも雑な吹き方を
するための準備をした上で
結果として起きていることだから。

一旦吹くのをやめて、
新たにどう音を出したいか考えると
それに必要な身体の動きが
準備されてから動き始めるので
「わかってるけど選べない」
ということはなくなるんです。

「ほんの一瞬のことだし」
「今だけたまたま」
なんて思って望まない吹き方を
続けてしまっては、
「そういう奏法もありね」
と脳が覚えてしまうので
普段どういう吹き方をするか
注意深く積み重ねて来たことが
台無しになってしまいます。

はじめは時間がかかるでしょうし
面倒に感じるかもしれませんが
「本当に望むやり方しかしない」
というのを徹底するのは
後々ものすごく楽にやりたい奏法を
選べるようになるので
オススメですよ。

ぜひ取り入れてみてくださいね!

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。