アレクサンダー・テクニーク 練習 身体の仕組み

わかってるけどやめられないとき

Pocket

普段は丁寧に音を出すけれど合奏になるとついつい雑になったり難しい箇所に差し掛かってうっかりいい加減な音の出し方をして変な音になったり、そんなことってありますよね。

有吉尚子です。こんにちは!

そういうちょっと今だけのつもりの望んでない吹き方ってやっぱりそういう吹き方をした経験として脳は記憶していくものなんですよね。

だからいつでも丁寧に音を出すよう心がけるのは大切なんですが、それでも人間ですからついうっかりいい加減になってしまう瞬間ってあると思います。

そういうときは気がついた時にすぐ一旦吹くのをやめるのが結構役に立ちますよ。

吹き続けながらちゃんとした吹き方に転換しようと思っても、わかってるけどやめられない状態になってしまいがちなんですね。

これは身体がそもそも雑な吹き方をするための準備をした上で結果として起きていることだから。

一旦吹くのをやめて、新たにどう音を出したいか考えるとそれに必要な身体の動きが準備されてから動き始めるので「わかってるけど選べない」ということはなくなるんです。

「ほんの一瞬のことだし」「今だけたまたま」なんて思って望まない吹き方を続けてしまっては、「そういう奏法もありね」と脳が覚えてしまうので普段どういう吹き方をするか注意深く積み重ねて来たことが台無しになってしまいます。

はじめは時間がかかるでしょうし面倒に感じるかもしれませんが「本当に望むやり方しかしない」というのを徹底するのは後々ものすごく楽にやりたい奏法を選べるようになるのでオススメですよ。

ぜひ取り入れてみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド