アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ 思考と心 練習

うまくなる人が注目してること

Pocket

「これくらい少しの変化はもしかして気のせいかな」

「これをやってもちょっとしか変わらないから意味ないや」

「ほとんど違いがないから同じってことでいいか」

なんて思うことってありますよね。

専門分野じゃなかったり自分の大切なことでなければ見過ごしてしまうような些細な変化って日常にたくさん溢れています。

昨日食べたご飯粒の数とか歩いた歩数の誤差なんかなら大した意味はないかもしれません。

日常生活の中では気にする必要のないこともたくさんあるわけですね。

ところが、音楽をやるために練習する場面で些細な変化に気づけなかったり気づいても意味のないこととして見過ごしてしまったら、それは上達のためには大きなロスになってしまうんです。

ほんの些細な音質の変化、吹き心地のちょっとした違い、ごくごく小さな響き方の変化、そういうものは大きな意味がある大切な情報です。

何をしたら何を変えたらその小さな変化が起きたのか、それがわかったら次にやるときにそれを再現することも逆に避けて別の操作をすることもできるわけです。

それができたら偶然として見落とされ兼ねなかったほんの小さな変化は、再現性のある確実な成長になるわけです。

それをたくさん繰り返して積み重ねた人が結果的にものすごく上手くなるんですね。

そしてものすごく変わったときに周りが気づくわけです。

でも「変わったのは気のせいだ」「こんなちょっとの変化は変化してないのと同じことかな」なんて思って何がその変化を作り出したのか考えることさえしなければ、それを再現することなんてできるわけがありません。

せっかくの上達の種を捨ててしまうようなもの。

どうしたら一発で大きな変化を起こせるかばかり探してる人にはヒントは見つからないわけです。

先に進む人は一足飛びの方法を知っているのではなくて、小さな一歩を積み重ねる方法を知っているのです。

どんなジャンルでも同じですね。

練習するときの参考にしていただけたら嬉しいです。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド