楽器練習効率化ガイドブック

「これくらい少しの変化は
もしかして気のせいかな」

「これをやってもちょっとしか
変わらないから意味ないや」

「ほとんど違いがないから
同じってことでいいか」

なんて思うことってありますよね。

有吉尚子です。こんにちは!

専門分野じゃなかったり
自分の大切なことでなければ
見過ごしてしまうような
些細な変化って日常にたくさん
溢れています。

昨日食べたご飯粒の数とか
歩いた歩数の誤差なんかなら
大した意味はないかもしれません。

日常生活の中では
気にする必要のないことも
たくさんあるわけですね。

ところが、
音楽をやるために練習する場面で
些細な変化に気づけなかったり
気づいても意味のないこととして
見過ごしてしまったら、
それは上達のためには
大きなロスになってしまうんです。

ほんの些細な音質の変化、
吹き心地のちょっとした違い、
ごくごく小さな響き方の変化、
そういうものは大きな意味がある
大切な情報です。

何をしたら何を変えたら
その小さな変化が起きたのか、
それがわかったら次にやるときに
それを再現することも
逆に避けて別の操作をすることも
できるわけです。

それができたら偶然として
見落とされ兼ねなかった
ほんの小さな変化は、
再現性のある確実な成長
なるわけです。

それをたくさん繰り返して
積み重ねた人が結果的に
ものすごく上手くなるんですね。

そしてものすごく変わったときに
周りが気づくわけです。

でも
「変わったのは気のせいだ」
「こんなちょっとの変化は
変化してないのと同じことかな」
なんて思って何がその変化を
作り出したのか
考えることさえしなければ、
それを再現することなんて
できるわけがありません。

せっかくの上達の種を
捨ててしまうようなもの。

どうしたら一発で大きな変化を
起こせるかばかり探してる人には
ヒントは見つからないわけです。

先に進む人は一足飛びの方法を
知っているのではなくて、
小さな一歩を積み重ねる方法を
知っているんです。

どんなジャンルでも同じですね。

練習するときの参考に
していただけたら嬉しいです。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。