楽器練習効率化ガイドブック

「マイペースでいきましょう」

という言葉を使う時、
なんとなくゆっくりのんびりして
ピリピリせずにやりましょう
という意味合いのことが
多いような気がしませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

マイペースって本来は
自分に合った速度で無理なく
という意味ですよね。

わたしはせっかちなので
急いでバババと何でも進める方が
快適に感じるタイプです。

ゆっくりのんびり物事を進める方が
イライラしてロスが増えるので
自分に無理がないペースというのは
無駄に休憩とか振り返りとかせずに
とにかく限界まで突き進むこと。

忙しい現代社会ではそんな人って
実は多いのではと思っています。

ところで。

吹奏楽やオーケストラの活動は
「真剣に向き合いましょう!」
といってメンバーが集まることは
あまり多くはないでしょう。

たいていは無理なくマイペースで、
なんて言ってスタートしますよね。

でも情熱を持て余した人が
イメージするマイペースって、
短期間でたくさんの本番をこなし
どんどんレパートリーを増やす
ということだったりします。

決してそれが良いとか悪いとかでは
ありません。

速く進みたい人がそうでもない人に
「もっとがんばってよ!」
と無理強いするのは
自分勝手な迷惑行為だと
このシリーズ記事では何度か
書いています。

でも逆にゆっくり進みたい人が
速く進みたい人を
「あの人は勝手だ」
という目で見て
「音楽は苦しいものじゃない。
楽しくなくちゃ。」
なんて言って
真剣に向き合う方が楽しい人を
否定してしまうのもいけません。

それぞれが自分と違うタイプの人も
存在するのだということを知って
妥協点を見つけ合うのが
尊重し合うと言うこと。

たくさんの人が集まる合奏団体では
そうやって熱量の違う者同士が
自己主張しあうだけでなく
お互いの違いを認め合い
尊重し合うのも大切ですね。

誰かと一緒に何かする場面では
心に留めておきたいことですね。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。