楽器練習効率化ガイドブック

朝イチで音出しをするときにも
上手くなる人とそうでない人は
違ったやり方をしてるんです。

有吉尚子です。こんにちは!

・マウスピースや頭部管だけで
とりあえず音を出す

・楽器付きで何となくパラパラと
吹いてみる

・部屋の広さや気温湿度を考えて
どんな音でどんな残響になるか
注意して聴きながら吹く

あなたはどのタイプでしょうか。

3つ並んでいるとどれが良さそうか
想像がつくかもしれませんね(笑)

でもどれもちゃんと意図があれば
間違いということはありません。

よくあるパターンで
ちょっと音出しを聴いただけで
「あんまり上手ではなさそう」
という感じがしてしまうのが
とにかくパラパラ吹いてみる場合。

吹いている本人が出ている音を
よく聴いていないために、
鳴らない音があったり
指が転げていて
音の長さが全部違っていたり
音量にばらつきがあったり、
そんなデコボコな不具合を
そのまま疑問もなくスルーして
別の音形を吹き始めるパターン。

はたから聴いていると
「どうしてそれで平気で違う音形に
移る気になるんだろう?」
という音出しをしていることって
往々にしてあるんですね。

鳴らない音があれば仕掛けや楽器の
不具合を疑う必要があるし、

音の長さが均一にならなければ
指やキーやタンポの具合が
なにか変なのかもしれないし、

音量にばらつきがあるなら
なにかしらブレスコントロールが
上手く行かない理由があって
改善する必要があるはずだし。

そういういつもと違うことや
演奏に差し障りそうなことを
早期発見して対処するのも
音出しの目的です。

何も注意して聴かずに
むやみやたらに音を出すのは
暴走族が交差点で意味もなく
バイクをふかすのと同じ。

音出しというのはその日の自分や
楽器のコンディションを調べたり、
動きに慣れて響きを増やしたり、
会場の音響に慣れたり、
という意味があってするもの。

何にも考えてないなら
何の効果も情報も
得られるはずはないし、
何も聴いていないなら音響なんて
わかりようがありません。

意味のないことをして
時間を無駄にするだけでなく
ロクに音を聴かない習慣を作る
ということになってしまうんです。

おまけに隣近所で練習してる仲間に
迷惑だったりしたら最悪ですよね。

まずは何が知りたくて何のために
その動きをするのかを明確にする、
とっても大切なことですね。

あなたは普段、
どんな音出しをしていますか?

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。