アレクサンダー・テクニーク 思考と心 本番 練習

失敗したことを何度も思い出す

Pocket

「本番でリードミスが出てしまった!」

「大事な場面で間違えちゃった」

「もっと準備しておけば・・」

そんな本番後に悔いが残ることって演奏していると多々ありますよね。

ついついやってしまったことやどうしても出来なかったことを何度も思い出して自分を罰するような気持ちになってしまうことも少なくないでしょう。

そんな時って心に痛みを感じるのが普通であり自然な反応です。

そして次の機会にはその教訓を活かして準備したりと役立てていくのですよね。

それが反省するってこと。

では。

落ち込んだり胸に痛みを感じないと次に何かを活かすことは出来ないのでしょうか。

冷静に考えてみるとそんなことは決してないのですよね。

でも何となく心にダメージを負っていないといけないような気がしちゃってはいませんか?

申し訳無さそうにしないと周囲の反感を買ったりするかもしれませんし社会生活をする上で「落ち込んでるフリ」が必要なこともあるでしょう。

とはいえ。

ミスの後に、何が余計で何が足りなかったのか、じゃあ次のときにはどうするのか、そういうことを含んでいない痛みの反芻は建設的な反省ではなく役に立たないただの後悔

後悔はしたってしなくたって本当はどっちでもいいのです。

悔しい思いは胸を痛めるためでなく次への建設的なプランにつなげて行けたらそれで良いはず。

自分を罰して胸を痛めることは全然建設的なプランじゃないのである程度痛みを味わって満足したらいっそ忘れてしまいましょう!

そしてちゃんと次に繋がる「反省」をして今回起きたことからの情報を役立てていきたいものですね。

反省と後悔は違うということ、頭の片隅においていくのも良いかもしれませんね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 本番, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド