アレクサンダー・テクニーク レッスン 練習 身体の仕組み

ラクにたくさん吸うには?

Pocket

ラクにたくさん吸うにはどうやったらいいですか?

というご質問をいただきました。

有吉尚子です。こんにちは!

呼吸のことは管楽器吹きはみんな気になることですね。

20161122_001742

空気を吸い込むというのは普段は人間の生命維持のための不随意な働きですね。

これを楽器演奏に利用したいわけなので、吸うときに快適に行いたければ吐くときのことも考慮に入れる必要があります。

考慮に入れるって一体何をすればいいの?なんて思いますよね。

以前の記事で自然な呼吸のリズムを邪魔せずそれを拡大して行きましょうということを書きましたが、今日は具体的にはそれを体験する方法をご紹介します。

まず最初に身体のコントロールの精度を上げて演奏に有利な状態を作るために頭が脊椎の上で自由に動けるようにしておきましょう。

その上で、

1 最初に息を吐けるところまで吐いてしまいます。

*最初に吸うのではないところがポイントです。

2 吐ききったと思ったら3秒そのまま息を止めています。

3 苦しくなるので息を止めるのをやめます。

4 息を止めるのをやめると勝手に空気が肺に流れ込んできます。

*この時にわざわざ息を吸い込む必要はありません。

5 自然に肺に入ってきた空気をまた吐き切ります。

6 2に戻る。

これを何度か繰り返します。

そうすると自然に入ってくる空気の量はだんだん増えていきます。

呼吸のウォーミングアップですね。

アレクサンダー・テクニークで「ウィスパード・アー」(ささやきのアー)と呼ばれているやり方の応用です。

これはトレーニングではなく、人間が生きている限り常に行なっている呼吸の動きを意識してやってみるためのものです。

普段、空気は吐いたらその分また吸う必要がありますが、それはいちいち考えなくても勝手に身体がやってくれます。

お腹を何とかして肩をどうこうしてなんて毎回考えてなきゃ呼吸できない人はいませんよね。

それどころか吸気の助けになる筋肉は存在しないお腹で吸う時に何かしようとしたって、できるのは吸気の邪魔だけです。

このやり方は呼吸の動きによって肋骨や背骨が動かされるので、軸より末端に近い腕や指の動きも良くなるという都合のいいおまけ付き(笑)

呼吸のためにできることを何かやってみたいなというとき、ぜひ試してみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド