アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ 思考と心 練習

ちょっとしたまぐれのミスの扱い

Pocket

必ず誰にでも当てはまるわけではもちろんありませんが、趣味でやっていて上達が足踏みしてしまうという方に多くみられるひとつの傾向があります。

それは小さなズレを軽視すること。

有吉尚子です。こんにちは!

ちょっとくらいのミスや指の滑り、リズムのほんの些細な崩れ、音程がたまたま外れた、そんなことは小さなことで大したことじゃないしまぐれだし。

そんな風に一見些細なちょっとした結果のズレを見ないふりしてしまうことが多くありがちなんです。

そして小さなまぐれのたまたまの間違いやハプニングを繰り返してそれを習慣化してしまうんですね。

また習慣化された小さなミスは積もり重なって大きなズレやトラブルに繋がってもいって、いつかあやふやな音程リズムで吹くことが当たり前に感じる耳と望んだ音楽ではないものに妥協する心を作ってしまいます。

そして大事な場面で思ったようにフレーズが演奏出来なかったり、失敗したりなど痛い目を見るような大きなズレが起きてから「ちょっと間違えることもあるけど普段は大体できているのに…楽に完璧にできるような裏ワザを誰か教えてくれないかな?」なんて思うんですね。

でも結果はそれまでの自分の意図が作り出しているものなので、自分が思った通りの精度でやろうとしたことが起きてるわけなんです。

そして習慣化された大きなズレを改めて直すのは大変な時間と労力と場合によってはお金もかかります。

ハイスピードで上達していく人やプロとして演奏してる人は、そういう小さなもしかしたら気のせいかもしれないようなズレをちゃんと拾って分析対処するから大きなズレになってから修正する時間と労力を使わないんですね。

練習のコツを知りたいなら本当に必要なのは小技や裏ワザなんていうものではなく、些細なことに目を向ける注意力を育てることを大切にするのをオススメしたいと思います。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド