楽器練習効率化ガイドブック

必ず誰にでも当てはまるわけでは
もちろんありませんが、
趣味でやっていて上達が足踏み
してしまうという方に多くみられる
ひとつの傾向があります。

それは小さなズレを軽視すること。

有吉尚子です。こんにちは!

ちょっとくらいのミスや指の滑り、
リズムのほんの些細な崩れ、
音程がたまたま外れた、
そんなことは小さなことで
大したことじゃないしまぐれだし。

そんな風に一見些細な
ちょっとした結果のズレを
見ないふりしてしまうことが
多くありがちなんです。

そして小さなまぐれのたまたまの
間違いやハプニングを繰り返して
それを習慣化してしまうんですね。

また習慣化された小さなミスは
積もり重なって大きなズレや
トラブルに繋がってもいって、
いつかあやふやな音程リズムで
吹くことが当たり前に感じる耳と
望んだ音楽ではないものに妥協する
心を作ってしまいます。

そして大事な場面で思ったように
フレーズが演奏出来なかったり、
失敗したりなど痛い目を見るような
大きなズレが起きてから
「ちょっと間違えることもあるけど
普段は大体できているのに…
楽に完璧にできるような裏ワザを
誰か教えてくれないかな?」
なんて思うんですね。

でも結果はそれまでの自分の意図が
作り出しているものなので、
自分が思った通りの精度で
やろうとしたことが起きてるわけ
なんです。

そして習慣化された大きなズレを
改めて直すのは大変な時間と労力と
場合によってはお金もかかります。

ハイスピードで上達していく人や
プロとして演奏してる人は、
そういう小さなもしかしたら
気のせいかもしれないようなズレを
ちゃんと拾って分析対処するから
大きなズレになってから修正する
時間と労力を使わないんですね。

練習のコツを知りたいなら
本当に必要なのは小技や裏ワザ
なんていうものではなく、
些細なことに目を向ける注意力を
育てることを大切にするのを
オススメしたいと思います。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。