楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

真似をするという学び方は
音楽では特によく見られるもの
ではありますが、
その真似をする仕組みに
上手くいかない原因が潜んでいる、
ということを著書で書いたのは
アレクサンダー・テクニークの
原理の発見者である
F.M.アレクサンダーさんです。

F.M.が書いてるところによると
真似したくなるのは
目立つ特徴に気付いたときであり、
上手くいってることというのは
得てして目立たないので
あまり真似されない。

そして良い点より悪い点が
人の興味を引きやすいものなので
変なことが真似されて
障害を引き起こすということが
とてもしばしばあるそうです。

世の中の全部のケースが
当てはまるわけではないでしょうが
なるほど確かに特徴的な動きは
気になるので無意識に真似を
してみている瞬間はあるし、
モノマネの対象になるのも
続けたら身体の負担になりそうな
機能的でない動きが多いようです。

その先生が自然に行っている
演奏に良い影響のある動作より、
不都合を生み出す可能性のある
変なクセが目を引きますもんね。

そして著書の中では
「見本を見せたとしても
 生徒が真似するのは目立つ
 悪い部分であることが多い」

「先生が長年続けてきて
 故障で困ったことのある練習を
 自分が経験したことだからと
 正しいと信じて他人に伝えるのは
 危険もはらんでいることだ」 

ということも述べられています。

絶対にダメだと思うことを
伝える人はいないし、
完全に誰にでも安全な奏法も
存在しないものですが、
教えるときには自分で過去に
その奏法でどんな経験を
してきたのか、
振り返ってみるのも
必要かもしれませんね。

そして素晴らしい演奏に出会ったら
「あの名手を真似よう!」
なんて思うのは自然な心の動きでも
ただコピーするのではなく
それが何を引き起こすのか、
自分に合うのかどうか、
そんなことも考えてから
取り入れたいものですね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。