楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

このブログでは
演奏するときにやりたいことや
やっていることをなど
意図をはっきりさせるのが大切、
ということを繰り返し繰り返し
何度も書いています。

これには二つの大きな理由が
あるんです。

一つ目は、
やりたいことがわからなければ
そのために何ができるかも
考えることができないから。

例えば車に乗ったら目的や
行き先がわからないままで
アクセルを全開に踏み込む人は
いないと思います。

表現したいことや伝えたい想いが
まるでないのに自信を持って
音を出すなんてムリですよね。

意図のないただの音はサイレンと
同じで音楽ではありませんから。

二つ目は、
無自覚でやっていることは
再現性がないから。

いざ何かのキッカケで突然
出来なくなったようなときに
再度同じことがまた出来るように
なるまでにものすごく苦労する
ことになるし、
その間苦しい思いをすることに
なってしまいます。

それに誰かに教えるときにも
自分が何となくでやってることは
きちんと説明もできないし
体系的なトレーニングも提案できず
何となくで察してもらうしか
ありませんからね。

反対にやりたいことの意図が
はっきりしているなら
それを表現するための手段は
無限にあるので試したり選択したり
どんな方法にしろ
ゴールに向かうことができます。

そしてスランプに陥ったり
若いときに使えた筋力や

パワーが年々落ちてきたとしても
自分で表現したいことのために
奏法も練習も試行錯誤しつつ
再構築することができますね。

自分のやってることを聴く耳があり
やろうとしてる意図がはっきり
しているなら試したことが
上手くいったのかそうでないか
すぐにわかりますから。

自分が何を演奏したいのか、
そのために何をやっているのか、
何となくの感覚ではなく
意図を持つことは大切ですよ!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。