アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習 身体の仕組み

スランプを抜ける方法

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

このブログでは演奏するときにやりたいことややっていることをなど意図をはっきりさせるのが大切、ということを繰り返し繰り返し何度も書いています。

これには二つの大きな理由があるんです。

一つ目は、やりたいことがわからなければそのために何ができるかも考えることができないから。

例えば車に乗ったら目的や行き先がわからないままでアクセルを全開に踏み込む人はいないと思います。

表現したいことや伝えたい想いがまるでないのに自信を持って音を出すなんてムリですよね。

意図のないただの音はサイレンと同じで音楽ではありませんから。

二つ目は、無自覚でやっていることは再現性がないから。

いざ何かのキッカケで突然出来なくなったようなときに再度同じことがまた出来るようになるまでにものすごく苦労することになるし、その間苦しい思いをすることになってしまいます。

それに誰かに教えるときにも自分が何となくでやってることはきちんと説明もできないし体系的なトレーニングも提案できず何となくで察してもらうしかありませんからね。

反対にやりたいことの意図がはっきりしているならそれを表現するための手段は無限にあるので試したり選択したりどんな方法にしろゴールに向かうことができます。

そしてスランプに陥ったり若いときに使えた筋力やパワーが年々落ちてきたとしても自分で表現したいことのために奏法も練習も試行錯誤しつつ再構築することができますね。

自分のやってることを聴く耳がありやろうとしてる意図がはっきりしているなら試したことが上手くいったのかそうでないかすぐにわかりますから。

自分が何を演奏したいのか、そのために何をやっているのか、何となくの感覚ではなく意図を持つことは大切ですよ!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド