楽器練習効率化ガイドブック

効率の良い的確な練習をしたら
それに比例して上達度も
右肩上がりになっていくはずだから
そうならないのは
自分がサボってるからだ。

そんな風に思ってはいませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

実際わたしが定期的にレッスンを
受けていたときのことや
生徒さんの事例で目にする
多くの場合、
サボっているからでは
ないんですね。

なだらかにクレッシェンド的に
上手くなるという人は、
自分を含めてわたしは今までに
行き合ったことがありません。

同じ指摘を受け続けても
大きな変化がなかったとしても、
あるとき突然ハッと気付いたり
スッと腑に落ちたりして
急激に上達したりするんですね。

・夏休みが明けたときに
・本番を経験した後で
・ショックなことがあったときに

そんなタイミングで
突然音程が取れるようになったり
リズムが正確になったり
音質がキレイになったり
音楽に深みが出てきたりなど
大きく変わることが多いものです。

じゃあ大きな経験をしないときの
地道な練習はムダかというと
絶対にそんなことはなく、
積み重ねた努力があってこそ
意識の変化で大きく変わることが
出来るわけなんですね。

普段は全く練習しないけど
一回本番をやったから
オレって上手くなっちゃったかな?
なんてことはまずありません。

なかなか変わらない時期に
継続的に上達しよう変わろう、
という意志を思っている人だけが
ある時ガツンと上達するんです。

ブレイクポイント
量質転換

なんて言ったりしますね。

どういう仕組みなのか
脳科学とか神経学とかでは
解明されているのでしょうか。

興味深いことだなと思います。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。