コミュニケーション レッスン 本番 練習

ある日突然上手くなる

Pocket

効率の良い的確な練習をしたらそれに比例して上達度も右肩上がりになっていくはずだからそうならないのは自分がサボってるからだ。

そんな風に思ってはいませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

実際わたしが定期的にレッスンを受けていたときのことや生徒さんの事例で目にする多くの場合、サボっているからではないんですね。

なだらかにクレッシェンド的に上手くなるという人は、自分を含めてわたしは今までに行き合ったことがありません。

同じ指摘を受け続けても大きな変化がなかったとしても、あるとき突然ハッと気付いたりスッと腑に落ちたりして急激に上達したりするんですね。

・夏休みが明けたときに

・本番を経験した後で

・ショックなことがあったときに

そんなタイミングで突然音程が取れるようになったりリズムが正確になったり音質がキレイになったり音楽に深みが出てきたりなど大きく変わることが多いものです。

じゃあ大きな経験をしないときの地道な練習はムダかというと絶対にそんなことはなく、積み重ねた努力があってこそ意識の変化で大きく変わることが出来るわけなのですね。

普段は全く練習しないけど一回本番をやったからオレって上手くなっちゃったかな?なんてことはまずありません。

なかなか変わらない時期に継続的に上達しよう変わろう、という意志を思っている人だけがある時ガツンと上達するんです。

ブレイクポイント量質転換

なんて言ったりしますね。

どういう仕組みなのか脳科学とか神経学とかでは解明されているのでしょうか。

興味深いことだなと思います。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, レッスン, 本番, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド