楽器練習効率化ガイドブック

自分一人がだらしないなんて
誰にも迷惑かけてないし、
別に誰にも影響ないでしょ。

そんな風に思ってる人に
出くわしたことはありますか?

有吉尚子です。こんにちは!

やたらとため息をつく人が
側にいたら別に息によって
直接的に何か起きていなくても、
不愉快ですよね。

合奏やアンサンブルなど
お互いのコミュニケーションが
必要な場面でもそれは同じこと。

真剣にやりたいとは思ってないし
練習してくるのはイヤ。

そんな人が隣にいたら
何だか自分のテンションも
落ちていってしまうことって
ありますよね。

そこで真剣にやっている人が
自分の音楽的な充実のために
ちゃんとしてほしいなと
望むのはよくあること。

そしてそれを相手に押し付けるのは
自分勝手であるということは
すでに何度か書いています。

ところで。

音楽を真剣にやりたい!
という設立メンバーの
熱い意図に賛同して
集まってきた仲間の中に
あまり真剣ではないし
ノラリクラリとやれたら満足な人が
紛れ込んでしまって
当初の目的通り音楽を真剣に
やりたい人の迷惑になる。

これ、何が問題だと思いますか?

わたしは目的の違う人を
そのコミュニティに迎え入れて
しまったことが原因だと思います。

「そんなこと言ったって人数が
たくさんいなきゃオーケストラは
出来ないし仕方ない」
そんな風に思うでしょうか。

ちょっと立ち止まってみましょう。

音楽より飲み会に興味のある
たくさんのノラクラプレーヤーと
一緒に演奏をしたいのでしょうか。

あなたが真剣に演奏を楽しみたい
だから飲み会はどうでもいい
というのと同じく、
同じ目的を持っていない人は
あなたの目的には
興味がないんですよ。

あなたが何を目指していようと
飲みたいだけの人は
あなたや他の仲間と飲みたいだけ
なんです。

本当に音楽を真剣にやりたい!
と思う仲間とアンサンブルを
したいですか?

それなら早くたくさんの人数が
集まりやすい
「当団は厳しくありません。
ゆるく一緒に楽しみましょう」
なんていう募集のかけ方は
詐欺みたいなものです。

ではアンサンブルや合奏団体が
「ちゃんと練習する熱心に音楽に
 向き合いたい仲間募集」
ということで集まっていたら
どうでしょうか。

そんな募集のコピーだと
厳しそうだし参加し続けるのは
大変そうなイメージになります。

オーディションを設けていたら
それだけで真剣でない人は
尻込みしてしまうでしょう。

そこにはやる気はないし
コンサート本番よりも打ち上げで
お酒を飲むのが楽しみで
参加している人が紛れ込むという
可能性は少なくなりますよね。

時間はかかっても同じ目的の仲間と
アンサンブル出来る環境を整える
というのはひとつの選択肢です。

真剣でなくていいから
とにかく早く人数を集めたい!
それならそのコンセプトで
団体は運営されてしかるべき、
わたしはそんな風に思います。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。