楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んでみましょう!
のシリーズ、今回は中途半端ですが
p.107の譜例24から見て行きます。

これは各調の調号のつき方を
書いているんですね。

ト音記号、ハ音記号、ヘ音記号、
どの譜表でも変わらないんです。

シャープが付く順番は
ファドソレラミシ。

フラットが付く順番は
シミラレソドファ。

シャープ系なら1個ならファだけ。
2個ならファとド。
3個ならファとドとソ。

そんな風に7個まで増えます。

これは楽譜に調号として
書く順番もそうだし、
短調になっても変わりません。

譜表によって、
オクターブ上下はしますが
書かれる順番は同じなんです。

だから
「ハ音記号はよくわからない!」
という場合でも
シャープが5個付いていたら
ファドソレラに調号がついたH-dur
もしくはそれと同じ調号の短調、
gis-mollのどちらかなんですね。

それがわかれば何譜表だろうと
もう一目で調性がわかります。

ではp.109-110の例題と問題を
やってしまいましょう!

これまでに見てきた音階の構造が
頭に入っていたら
何のことはない問いばかりです。

もしも構造を覚えていなかったら、
このまま先に進んだら
確実につまずくので一度戻って
確認しておきましょうね!

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。