アナリーゼ トリビア知識 音楽史・作曲家・演奏家

クラリネットの可能性を切り開いた奏者

今回はロマン派作曲家の先駆け
C.M.vウェーバーの友だちだった
クラリネット奏者、
ヨーゼフ・ハインリヒ・ベールマン
についてのお話をしましょう。

有吉尚子です。こんにちは!

ベールマンは当時まだ未発達で
今のようにキーもたくさんついてない
単純な構造のクラリネットで、
現代でも難しい作品を
ものすごく上手に演奏した名手です。

そのときはまだまだ発展途上の
クラリネットでしたが、
当時開発されていた最新の楽器を使い
クラリネットの演奏技術を発展させ、
この楽器の可能性を切り開いた
超人的な演奏家です。

素晴らしい音楽性も兼ね備えていて、
当時の聴衆にもとっても人気でした。

この時代に発展したクラリネットは
ブラームスのお友だちだった
クラリネット奏者の
リヒャルト・ミュールフェルトなど
後生の偉大な演奏家も
使うことになります。

ウェーバーやメンデルスゾーンなど
作曲家たちとの親交が深くて、
たくさんの作品がベールマンのために
書かれたんだそうです。

息子のカールもクラリネット奏者で、
バセットホルン奏者・教育者としても
名前を残しています。

有名なメンデルスゾーンの
クラリネットとバセットホルンの
ための作品はこの親子のために
作られたのです。

ベールマンの演奏は
当時半音階さえままならない、
音域によって音質が変わりすぎる
無閑静な楽器で広い音域での
均一な音質の音階やアルペジオ、
音程の跳躍なども得意で
とても華やかで技巧的な
装飾的即興もしました。

ベールマンの演奏した即興部分や
彼が書いたクラリネット作品や
練習曲も残されていて、
その技巧性と音楽性には
まったく驚かされます。

ウェーバーも協奏曲2曲に
クラリネット五重奏曲などを
彼のために書いています。

ベールマンの演奏した即興部分を
現代では
「ベールマン・カデンツ」
と呼んで敬意を込めて同じように
演奏することも多いのですよ。

そしてベールマンの孫はアメリカで
ピアニストをしていて、
楽譜の出版などもしていました。

その中におじいさんベールマンの
演奏した装飾音形や即興も書き込んだ
ウェーバーの作品も含まれています。

200年ほども前の演奏家の影響が
まだまだ色濃く残ってるなんて
すごいことですよね。

そして彼が演奏した音源も
なんと残っているそうですが、
楽器を発展させ表現と技術を
切り開いてきた当時の演奏家、
タイムマシンが出来たら生演奏を
聴きに行きたいものですね!

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, トリビア知識, 音楽史・作曲家・演奏家

© 2020 聴く耳育成メソッド