楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

今回から作曲家演奏家についても、
少しずつご紹介しようと思います。

よくある楽曲紹介や
ウィキペディアなどに
すでに載ってるようなことは
別に読みたくないでしょうから、
ちょっと面白い小話的なことを
書いていこうと思います。

今回はウェーバーについて。

C.M.v .ウェーバー
モーツァルトやベートーベンなど
古典派の人たちよりも
少しだけ後の時代に活躍し、
ロマン派に片足を突っ込んだ
作曲家です。

オペラ「魔弾の射手」が
よく知られていますね。

わたしはウェーバーについては
修士論文で取り上げたので
色々説明したいところですが、
わかりきってることを書いても
意味がありませんね。

あまり知られていないエピソード
といえば指揮について
でしょうか。

現在のようにオーケストラを
指揮する専門の指揮者
というのを初めて置いた
演奏会をしたのは、
なんとこのウェーバーだと
言われています。

それまではコンサートマスターや
チェンバロなど鍵盤奏者が
要所要所で合図を出して
合奏をまとめていました。

ウェーバーはオーケストラの
楽器も人数も増やしたし、
演奏作品もそれまでのものより
複雑に入り組んだものを
書いたので、
コンサートマスターが指揮者を
兼任するのでは大変すぎるし、
楽団員にもいまいちわかりにくく
なったのです。

そこで楽曲演奏を兼ねない
専業の指揮者というものを
登場させます。

当時はウェーバー自身が
指揮を振ったそうで、
彼は作曲家であり
ピアニストであり
指揮者でもあったのです。

すごいですねえ。

それまでは杖のようなもので
床をドンドン叩いたり
バイオリンの弓を振ったり
木の枝を振ったり
という指揮はありましたが、
指揮棒を使い始めたのも
ウェーバーの時代からです。

そんなウェーバーには
クラリネット奏者の友達
いたのです。

それが当時の
超絶スーパークラリネッティスト
だったハインリヒ・ヨーゼフ・
ベールマンです。

ベールマンのために書かれた
たくさんのクラリネットのための
作品が現在でも演奏されています。

今度はベールマンについて
書いていきますね。

お楽しみに!

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。