トリビア知識 音楽史・作曲家・演奏家

指揮を始めたのは誰か知ってますか?

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

今回から作曲家演奏家についても、少しずつご紹介しようと思います。

よくある楽曲紹介やウィキペディアなどにすでに載ってるようなことは別に読みたくないでしょうから、ちょっと面白い小話的なことを書いていこうと思います。

今回はウェーバーについて。

C.M.v .ウェーバーはモーツァルトやベートーベンなど古典派の人たちよりも少しだけ後の時代に活躍し、ロマン派に片足を突っ込んだ作曲家です。

オペラ「魔弾の射手」がよく知られていますね。

わたしはウェーバーについては修士論文で取り上げたので色々説明したいところですが、わかりきってることを書いても意味がありませんね。

あまり知られていないエピソードといえば指揮についてでしょうか。

現在のようにオーケストラを指揮する専門の指揮者というのを初めて置いた演奏会をしたのは、なんとこのウェーバーだと言われています。

それまではコンサートマスターやチェンバロなど鍵盤奏者が要所要所で合図を出して合奏をまとめていました。

ウェーバーはオーケストラの楽器も人数も増やしたし、演奏作品もそれまでのものより複雑に入り組んだものを書いたので、コンサートマスターが指揮者を兼任するのでは大変すぎるし、楽団員にもいまいちわかりにくくなったのです。

そこで楽曲演奏を兼ねない専業の指揮者というものを登場させます。

当時はウェーバー自身が指揮を振ったそうで、彼は作曲家でありピアニストであり指揮者でもあったのです。

すごいですねえ。

それまでは杖のようなもので床をドンドン叩いたりバイオリンの弓を振ったり木の枝を振ったりという指揮はありましたが、指揮棒を使い始めたのもウェーバーの時代からです。

そんなウェーバーにはクラリネット奏者の友達がいたのです。

それが当時の超絶スーパークラリネッティストだったハインリヒ・ヨーゼフ・ベールマンです。

ベールマンのために書かれたたくさんのクラリネットのための作品が現在でも演奏されています。

今度はベールマンについて書いていきますね。

お楽しみに!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-トリビア知識, 音楽史・作曲家・演奏家

© 2021 聴く耳育成メソッド