ソルフェージュ トリビア知識 思考と心 練習

奏者の音の違いは個人差だけでしょうか

録音と生音の違いを
前回の記事で書きましたが
もうひとつジャンルの違い
音楽を聴く時に条件を混同しやすい
ことのひとつです。

有吉尚子です。こんにちは!

例えばクラシックのコンサートを
大きなホールで聴くのだったら、

・ホールの反響音あり

・出音に加工は特にされてない

・遠くの席までちゃんと届く吹き方

・客席は静まり返っている

・座る席によって聞こえ方が違う

という条件でしょうか。

では違う例として飲食可能な
ライブハウスでのジャズライブなら

・マイクを使いスピーカーから
出る音は音質の加工が可能

・マイク乗りの良い吹き方をする

・客席はざわついてることもある

・どの席でも同じに聴こえるよう
スピーカーなどで工夫されている

他にもあるかもしれませんが
こんなところでしょうか。

クラシック奏者に比べると
ジャズ奏者が薄めのリードを使う
というのもこういう状況の違いに
対応するためなんですよね。

上手い下手の問題では
もちろんありません。

そういう場面による違いを無視して
ベニー・グッドマンの音は
柔らかくて良い音だけれど
カール・ライスターの音は
鋭いから好きじゃない、
なんていうのは
ちょっと滑稽なことですね。

同じ条件で同じ効果のために
同じ吹き方で演奏している
というわけではありませんからね。

メリーゴランドと飛行機の
乗り心地の違いを良い悪い言うのと
同じようなことだと思います。

ちなみにわたしは
この人の音は素敵だなと思ったら
大きなコンサートホールでも
できるだけステージに近い
前の方の席に座って、
反響音より生音がどうなってるかに
注意を払うのが参考になって
好きな聴き方です。

音を商品にするために
どんな奏者がどんな場所で
何のためにどんな吹き方をしたか、
どんな加工がされているのか
なんてことを考慮に入れて聴いたら
耳の使い方も自然と変わりますね。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-ソルフェージュ, トリビア知識, 思考と心, 練習

© 2020 聴く耳育成メソッド