ソルフェージュ 練習

CDの音色を見本にしてる方へ

CDやYouTubeの録音物を聴いて
「いい音だから真似してみよう!」
なんて思うことはあるでしょう。

有吉尚子です。こんにちは!

良いと思ったものをマネしてみる
というのは気づきの多い
とてもいい練習になりますね。

ところで。

CDなど録音物が出版される前には
音にどんな加工がされるかを
知っていますか?

雑音をカットしたり、
音質を調整したり、
響きを付け加えたり、
ミスした音を他のテイクと
差し替えたり、
ときには音程を操作することも。

他にも色々ありますが、
職人さんの腕の見せどころですね。

全ての録音物がこういったことを
全部やっているわけでは
もちろんありませんが、
生音を聴くときとは
色々と条件が違っています。

おまけに狭いスタジオのブースで
レコーディングするときと
大きなコンサートホールで
演奏する時の奏者の吹き方も
同じではありません。

人によっては現場の環境や
出したい効果によって使う道具を
変えることも当然あります。

わたしもオーケストラの本番と
サントラ用のレコーディングでは
違う楽器を使ったりします。

あなたは狭いデッドな部屋で吹いて
響きをたくさん付けたものと、
残響の豊かなホールで吹いたものの
違いを聴き分けることは
出来るでしょうか。

またコンサートホール用の吹き方と
マイク用の吹き方を
同じ条件で聴き比べたことは
あるでしょうか。

ウソとか誤魔化しなどではなく
商品として出来上がった音源は
お客さんの手元の機械で
再生されることを前提として
再生されたときに良く聴こえるよう
奏者を含めた制作チームが
協力しあって作っているんですね。

それを現場で生音で聴いたら
全然違う印象かもしれませんよ。

見本としてマネをするなら、
商品として仕上がった録音物と、
現場で出てる加工前の生音と
どちらがいいでしょうか。

レコーディングプレーヤーに
なりたい人と
コンサートホールで吹くソリストに
なりたい人では
目指すものが違うのと同じことで
どちらが正解とか不正解
と言えるものではありません。

あなたは何をマネしたいですか?

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-ソルフェージュ, 練習

© 2020 聴く耳育成メソッド