アレクサンダー・テクニーク 思考と心 本番 練習

やれたはずなのにできなかったとき

Pocket

本番で上手く行かないことがあってすごく悔しい思いをしたなんてことはありますか?

後悔するのは心の中で本当はもっと時間や労力を使えたと思っているからかもしれませんね。

心の底から出来る限りのことをしたと思えるのであれば、失敗したとしても現状で持っている情報や技術や時間の使い方に改善の余地があったという情報が得られるだけです。

何か他に音楽より優先したいことがあったのであれば、それを優先したことを後悔したりはしませんよね。

もしもやれば良いとわかってることをやむを得ない理由で出来なくて悔しいというのであれば、それは計画の立て方に問題があるんだと思います。

これだけの時間しか使えないとなったら必要なことをどうやって組み込むかを実際に可能な形で計画する必要があります。

この曲はインテンポにするのにこれだけの時間がかかる、今回のコンサート時期には自分はこれだけの時間が使える、それで時間が足りなければ本番までにインテンポにならないのは当たり前。

解決するには曲を変えるかコンサートを時間の取れる時期に変えるか、それともかかる時間を減らすよう練習スキルをブラッシュアップするかのどれかです。

そもそも不可能な計画を不可能だと知らずに立てていたら、「出来たはずなのになぜか間に合わなかった」ということになるのではないでしょうか。

「なぜか偶然上手くいかないこと」なんてありえません。

上手くいかないには何かしら正当な理由があります。

上手くいかなかった本当の原因はあなたが思っている「やればよかったのにやらなかったこと」ではなく出来ない計画を出来ると思って立てたことかもしれませんよ。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 本番, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド