コミュニケーション ソルフェージュ レッスン 合奏・アンサンブル 練習 音楽理論

レッスンをちら見せしちゃいます

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

今日はソルフェージュのグループレッスンで普段やっていることをひとつご紹介します。

fb_img_1480438833777

ある年配のアマチュアサックス奏者さんから「自分が声を出していたら他のパートなんて聞こえるわけないと思って体験したけれど、やっていたら自分が歌っていないパートが本当に聞こえてビックリした!」というご感想をいただきました。

個人的にはまったくレッスンは見ていない方で、彼にとって初めての2時間のグループレッスンの中での出来事です。

手順を踏んで様子を見ながら丁寧にやれば年齢も経験も関係なく誰でもアンサンブルの耳は育てられるということの証明ですね!

どういうレッスンかというと、3パートに分かれた簡単なフレーズを楽器ではなく声で歌うのです。

このとき注意したいのは自分の声の質はどうでもいいから周り全体でどんな響きになっているか、ということ。

暗いのか、明るいのか、濁ってるのか、透き通ってるのか。

何度かやってそれに慣れたら、今度は3パートの内のさっき歌っていなかったパートにそれぞれ移ります。

今度もさっきと同じように自分の声ではなく周りの音がどうなっているかを気にしながら。

そしてついでにさっき自分が歌っていたパートがどこから聞こえるかを探しながら新しいパートを歌います。

これを繰り返せば、ぼんやりしか認識できていなかった全体の和声がはっきりわかるようになっちゃいます。

以前ご紹介した分離唱というメソッドからのアイデアです。

グループレッスンでも個人レッスンでもこのアイデアをアレンジしながら使っています。

初めての方にも、ものすごく効果があるし人の声でのアンサンブルはクセになる美しさなのでオススメですよ!

講座やレッスンのスケジュールと詳細はこちらからどうぞ。
▼▼▼▼▼
【レッスンのスケジュール・ご予約】

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, ソルフェージュ, レッスン, 合奏・アンサンブル, 練習, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド