コミュニケーション ソルフェージュ レッスン 合奏・アンサンブル 練習 音楽理論

レッスンをちら見せしちゃいます

有吉尚子です。こんにちは!

今日はソルフェージュの
グループレッスンで
普段やっていることを
ひとつご紹介します。

fb_img_1480438833777

ある年配のアマチュアサックス
奏者さんから
「自分が声を出していたら
他のパートなんて聞こえるわけない
と思って体験したけれど、
やっていたら自分が歌って
いないパートが本当に
聞こえてビックリした!」
というご感想をいただきました。

個人的にはまったくレッスンは
見ていない方で、
彼にとって初めての
2時間のグループレッスンの
中での出来事です。

手順を踏んで様子を見ながら
丁寧にやれば年齢も経験も関係なく
誰でもアンサンブルの耳は
育てられるということの
証明ですね!

どういうレッスンかというと、
3パートに分かれた簡単な
フレーズを楽器ではなく
声で歌うのです。

このとき注意したいのは
自分の声の質はどうでもいいから
周り全体でどんな響きに
なっているか、ということ。

暗いのか、明るいのか、
濁ってるのか、透き通ってるのか。

何度かやってそれに慣れたら、
今度は3パートの内の
さっき歌っていなかった
パートにそれぞれ移ります。

今度もさっきと同じように
自分の声ではなく
周りの音がどうなっているかを
気にしながら。

そしてついでにさっき自分が
歌っていたパートがどこから
聞こえるかを探しながら
新しいパートを歌います。

これを繰り返せば、
ぼんやりしか認識できていなかった
全体の和声がはっきり
わかるようになっちゃいます。

以前ご紹介した分離唱という
メソッドからのアイデアです。

グループレッスンでも
個人レッスンでも
このアイデアをアレンジ
しながら使っています。

初めての方にも、
ものすごく効果があるし
人の声でのアンサンブルは
クセになる美しさなので
オススメですよ!

講座やレッスンのスケジュールと
詳細はこちらからどうぞ。
▼▼▼▼▼
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-コミュニケーション, ソルフェージュ, レッスン, 合奏・アンサンブル, 練習, 音楽理論

© 2020 聴く耳育成メソッド