アナリーゼ ソルフェージュ 音楽理論

楽典は飛ばし読みしても良いですよ!

有吉尚子です。こんにちは!

先日ご紹介した楽典の本は
購入されましたか?

たくさんの方から
「買いました!」
「楽しみにしてます!」
なんてメッセージをいただいて、
行動の早い方々がこの記事を
読んでくださってるんだな、
と嬉しくなりました。

まだの方はこちらからどうぞ。

では早速一緒に見ていきましょう!

まず手っ取り早く演奏に活かすこと
を重視したい方は12ページ目までは
スルーしてしまって大丈夫です。

13−16ページ目の
「純正律と十二平均律」
のことは知っておくとハーモニーを
合わせるときに役に立ちますね。

とはいえ振動数の比まで覚える
必要はありません。

純正律と平均律のお話は簡単に
解説してしまいましょう。

純正律はチューナーぴったり
ではなくて各音に少しずつの
高い低いをつけることで
ハーモニーが濁らずキレイに
調和する音階のこと。

でもそれはそれぞれの調に
一つだけの音階の調律の仕方なので
ピアノなど演奏中にいちいち調律の
やり直しができない楽器は曲中に
転調してしまうと逆にハーモニーが
ぐちゃぐちゃになって濁った響きに
なってしまうんですね。

平均律
そんな問題を解消するために、
どの調でも使えるように
全部の音を高い低いの微調整はせず
均等に並べたものです。

これはそれぞれの音を高い低いと
微調整できないからハーモニーは
多少濁るけど、
転調した時の濁り具合も均等に
なってるので妥協できるでしょう、
というものです。

この純正律と平均律のことを
オーダーメイドの服既製服
たとえた方がいましたが、
まさにそんなイメージですね。

オーダーメイドなら特定の人の
体型(調)にはぴったりだけど
他の人がその服を着ると
合わなくて逆に変なのが純正律

既製服(平均律)なら
完璧にぴったりまでは来ないけど
妥協できる程度のサイズ感で
誰(何調)でも大丈夫。

まさにそういうことですね。

だからチューナーで全員が
針を真ん中になるところに合わせた
平均律でもハーモニーは
耳で合わせた場合より濁っている、
というのもなるほどですよね。

そんなことだけ把握しておけば、
16ページまではOKです。

こんな感じで続きはまた今度
みてみましょう!

メール講座を読み損ねたくない方は
こちらから無料で新着記事が
確実に届くようご登録いただけます▼▼▼

〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 音楽理論

© 2020 聴く耳育成メソッド