アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ 練習 身体の仕組み

高い声と高い音は同じ出し方?

「喉を開く」という話題は管楽器
をやっているとよく出くわします。

このブログでも何度か
取り上げている話題ですが、
声を出す時にやることを楽器でも
やろうとしてはいないでしょうか?
なんてお話です。

有吉尚子です。こんにちは!

試しに自分が出せる一番高い声を
出してみましょう。

その時、
喉のあたりはどうなっていると
思いますか?

声楽の知識や技術がない場合、
たいてい鶏が絞め殺されるような
声を出すのではないかと思います。

それが良いとか悪いではなく、
日常の中で自分の発する音の
高さのコントロールは、
そんな風に普段やっている
ということですね。

さて。

楽器で中くらいの音域から高い方へ
だんだん行くに連れて息や唇や
その他でどんな操作が必要だと
思いますか?

ぜひ言葉にしてみましょう。

当然角楽器によって必要なことは
違いますが、その中に
高い声を出す時にしていたことは
含まれますか?

息の圧力なんかは楽器でも声でも
共通するところかもしれませんね。

でも高い声を出す時にノドあたりで
していたことは楽器で高音に行く為
には必要ないことかもしれません。

実はこの声の高さをかえる操作を
多くの管楽器奏者は楽器でも
無意識にしてしまっているそう。

音域によって身体の使い方を
変えるのはもちろん必要です。

でも、
もしかしたら必要だと勘違いして
やっていることをやめたら
随分ラクに高音が出るように
なったりするかもしれません。

もしかして?!と思ったら
試しに確認してみるのも
良いのではないでしょうか。

ぜひやってみてくださいね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, 練習, 身体の仕組み

© 2020 聴く耳育成メソッド