アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ 練習 身体の仕組み

高い声と高い音は同じ出し方?

Pocket

「喉を開く」という話題は管楽器をやっているとよく出くわします。

このブログでも何度か取り上げている話題ですが、声を出す時にやることを楽器でもやろうとしてはいないでしょうか?なんてお話です。

有吉尚子です。こんにちは!

試しに自分が出せる一番高い声を出してみましょう。

その時、喉のあたりはどうなっていると思いますか?

声楽の知識や技術がない場合、たいてい鶏が絞め殺されるような声を出すのではないかと思います。

それが良いとか悪いではなく、日常の中で自分の発する音の高さのコントロールは、そんな風に普段やっているということですね。

さて。

楽器で中くらいの音域から高い方へだんだん行くに連れて息や唇やその他でどんな操作が必要だと思いますか?

ぜひ言葉にしてみましょう。

当然角楽器によって必要なことは違いますが、その中に高い声を出す時にしていたことは含まれますか?

息の圧力なんかは楽器でも声でも共通するところかもしれませんね。

でも高い声を出す時にノドあたりでしていたことは楽器で高音に行く為には必要ないことかもしれません。

実はこの声の高さをかえる操作を多くの管楽器奏者は楽器でも無意識にしてしまっているそう。

音域によって身体の使い方を変えるのはもちろん必要です。

でも、
もしかしたら必要だと勘違いしてやっていることをやめたら随分ラクに高音が出るようになったりするかもしれません。

もしかして?!と思ったら試しに確認してみるのも良いのではないでしょうか。

ぜひやってみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド