アレクサンダー・テクニーク 思考と心 身体の仕組み

上達する人が使ってる言葉

Pocket

本番でミスをしたとき、練習中になかなかできないパッセージに向き合ってるとき、どんな気分ですか?

有吉尚子です。こんにちは!

やったー!ミスした!ラッキー!なんて思う人はいないと思います。

たいていはイヤな気分になるんじゃないでしょうか。

あーあ、またできない…失敗するなんて自分はダメだ。

などなど、自己否定の言葉がよぎったりしますよね。

それは普通のことだと思います。

ただし、言葉というのはわたしたちの思考や行動に影響を及ぼします。

難しい箇所を練習しながら「あーダメだ」「できない」「難しい」と呟いていると、脳は
「ここはできないものだ」「自分はダメなものだ」という思い込みをしてしまうそうです。

同じ条件で練習していても「きっとできる!」「大丈夫、ちゃんと間に合う」「こういう工夫をしてみよう」など建設的に考えられる人は上達が早かったりします。

とっさに口に出してしまったりするかもしれませんが、気付いたら肯定的な言葉に言い換えるのを続けていると練習効率も変わってきますよ!

またできなかったところができるようになったら、その自分の変化を見逃さず「(些細なことだとしても)出来るようになった」ということに気付くのも大切です。

練習しているのに何も変わらない…ではモチベーションが保てませんしね。

それに「まだまだもっとできるはず」というのと「全然できてない」はイコールではありません。

小さな上達のステップが何をしたときに起きたのか起きないのかを知れば、それを続けるか別のことを試すか、という選択もできますから自分の小さな変化に注意を払うということは大切にしたいですね。

みなさん音楽ライフが楽しいものでありますように!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド