楽器練習効率化ガイドブック

本番でミスをしたとき、
練習中になかなかできない
パッセージに向き合ってるとき、
どんな気分ですか?

有吉尚子です。こんにちは!

やったー!ミスした!ラッキー!
なんて思う人はいないと思います。

たいていはイヤな気分
なるんじゃないでしょうか。

あーあ、またできない…
失敗するなんて自分はダメだ。

などなど、自己否定の言葉が
よぎったりしますよね。

それは普通のことだと思います。

ただし、言葉というのは
わたしたちの思考や行動に
影響を及ぼします。

難しい箇所を練習しながら
「あーダメだ」「できない」
「難しい」と呟いていると、
脳は
「ここはできないものだ」
「自分はダメなものだ」
という思い込み
してしまうそうです。

同じ条件で練習していても
「きっとできる!」
「大丈夫、ちゃんと間に合う」
「こういう工夫をしてみよう」
など建設的に考えられる人は
上達が早かったりします。

とっさに口に出してしまったり
するかもしれませんが、
気付いたら肯定的な言葉に
言い換えるのを続けていると
練習効率も変わってきますよ!

またできなかったところが
できるようになったら、
その自分の変化を見逃さず
「(些細なことだとしても)
出来るようになった」
ということに気付くのも大切です。

練習しているのに何も変わらない…
ではモチベーションが
保てませんしね。

それに
「まだまだもっとできるはず」
というのと
「全然できてない」
はイコールではありません。

小さな上達のステップが
何をしたときに起きたのか
起きないのかを知れば、
それを続けるか別のことを試すか、
という選択もできますから
自分の小さな変化に注意を払う
ということは大切にしたいですね。

みなさん音楽ライフが
楽しいものでありますように!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。