アレクサンダー・テクニーク コミュニケーション 思考と心 練習 身体の仕組み

「上手くいかせる!」と思うと上手くいきますか?

以前の記事
「ミスしないように」
「音を外さないように」
なんて否定形で考えるよりも
「出したい音を出す」
など肯定系で考える方が良い結果に
繋がりやすいですよ、
というお話をしたことが
ありました。

では
「うまくいかせよう」
「成功させなければ」
などの意図は肯定的でしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

これは具体的出ないということだけ
ではなく私には実はちょっと否定が
含まれてるように感じます。

というのは
「一つの結果以外は許さない」
というようにその他の選択肢を制限
してしまっているから。

「こうしなければならない」
と思った時ってそれ以外のことも
ついでに思い出して、
「それはダメダメ!」
なんてつい考えてしまいませんか?

それってやりたいことを考える
というのとは少し違いますね。

とはいえ少しの意図の違いで
そんなに変化があるものかな?
なんて声も聞こえてきそうですね。

試しにやってみましょう。

「自分の鼻のてっぺんを指で
触らなければいけない。
てっぺん以外は触っちゃダメ」

と思って鼻を触ってみます。

その時の腕の動かし心地呼吸
どんな風でしたか?

では次に
「鼻のてっぺんを触っても良いし
触らなくてもどちらでも良い」

と思って鼻を触ってみます。

腕や呼吸はどんな風に
違いましたか?

少しの意図の違いで動きの
快適さも大分違うものですよね。

そんなことも踏まえると、
うまく演奏したいと思った時に
どんな風に考えたいでしょうか。

ぜひ色々応用してやってみて
くださいね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, コミュニケーション, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2020 聴く耳育成メソッド