コミュニケーション 思考と心 本番

大事な場面で失敗したあなたへ

Pocket

「こんなの全力じゃなくても簡単に吹けるよ」という演奏を聴いた時、すごいとは思っても感動はしていないかもしれません。

逆に大切な本番で失敗したときにも本人以上に批判している人はいないもの。

聴いた人が本当に心を動かされる演奏って一体どういうものなのでしょうか。

共感はテクニックでは得られない

たとえばアスリートの試合やスポーツを観戦しているとき、選手が難しい技を軽々とやっていたら確かにすごいとは思いますよね。

でも持ってる技術がすごいから応援しようと思うかというと果たしてそれはどうでしょうか。

技術の凄さに感銘を受けるのは同じ競技をやっていてその技の難しさや必要な努力の量を知っているから驚くということが多いかもしれません。

同じように心を動かされる演奏って奏者や作品に共感できたり、勇気を持ってチャレンジしているプレーヤーの姿を自分に置き換えてドキドキワクワクしたり、予想していなかった思わぬところまで一緒に連れて行ってくれたりするのが楽しいのですよね。

反対に自分に関わりのない業種のテクニックがすごいだけの職人技に共感することなんてきっとほとんどないでしょう。

技術の凄さもピンとこないしどれくらい頑張るとそれができるのか想像もつかないでしょうから。

 

テクニックより背景で応援される

演奏の本番のステージに立った時「すごいところを見せてやろう!」なんて思って気張ってみてもそれは演奏とは関係のない意図なので空回りして思わぬ失敗をするでしょう。

さらに軽々とやってる風を装ったり楽勝を気取ってはも共感はされないし自分もエネルギーを注ぎきれずパフォーマンスの質もイマイチになり、結局は誰も得をしないのです。

もしかしたらあなたを長年応援してくれている人には「今はここまで来られました」と努力の成果を見せることができて時には感動してもらえることもあるかもしれません。

でもそれは「テクニックすごくて感動した」ではなくて「すごいことが出来るようになるまで努力を積み重ねてよく頑張ったね」という感動でしょう。

あなたを初めて見た人が「知らない人が何かわからないことを軽々とやっていて感動した」なんておかしいでしょう。

奏者や作品や演奏難度などの背景があってこそ、「この曲がこんなに素敵になる」というのが楽しい驚きになりうるのですよね。

軽々と難しいことをやってみせる、そんなことは目指さなくても良いのです。

泥臭くなりふり構わず全力でやっている姿を隠さなくて良いのですよ。

失敗したらそれを教訓にしてまた立ち向かえばいいのです。

その必死な姿こそが聴く人の心に訴える表現を生み出す要素のひとつなのですから。

 

失敗を隠したい気持ち

真剣に向き合っている姿が傍から見て美しいのもなのだと頭ではわかっていてもやはり一生懸命やっている姿を他人に見せたくない気持ちになるのはなぜなのでしょうか。

「必死に向き合ってきたのに目標に届かなかったら自己肯定感が下がる」

「失敗したところを誰かに見られるのは恥ずかしい」

「こんなことも出来ない無能なやつだと思われたくない」

「必死で練習しなくても出来る才能のある凄い人だと思われたい」

そんな風に他人の目によって自己肯定感を保とうとする気持ちが心のどこかにあるかもしれません。

もしかしたら他人に見られないうちは事実だと認識しないで済むと思っているのもあるかもしれませんね。

頑張ってもできなかった人ではなく自分はチャレンジなんかしてない、だから失敗したわけじゃない。

そんな風に「やれば出来るはずだけどやらないだけ」と酸っぱい葡萄の余地を残して逃げ道を作っていたり。

でもチャレンジしてないから失敗もしていないという人を誰が応援するでしょうか。

立ち向かわない人にどうやって共感するのでしょうか。

 

失敗する姿こそが魅力

転ばない成功者がいないことは誰でも知っています。

悔しい恥ずかしい思いを一切せずにうまく行かせられる人がいないこともわたしたちはちゃんとわかっています。

あなたは周りの誰かがチャレンジしてたとえコケたって「ざまあみろ」とか「無能だな」なんて思わないでしょう。

きっと温かい目で「がんばってるね」「次は上手くいくと良いね」そう思っていますよね。

同じようにあなたが頑張っている姿もちゃんと応援されていますよ。

もっと失敗しろと思っているのはあなたの能力を認めて脅威だと感じている人だけ。

他人には見せられないと本人が思うような頑張りこそが、人が応援したい姿であり見た人の心をも鼓舞するパワーになったりするもの。

そしてそれが見せられる人の方が有効なアドバイスを得られたり頼れる人を紹介してもらえたりしてサポートだって受けやすいもの。

だって頑張ってる姿というのはその人の魅力なのですから。

そのせっかく持っている強力な魅力をわざわざ隠してしまうなんてもったいないのかもしれませんね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

1982年栃木県日光市(旧今市市)生まれ。小学校吹奏楽部にてクラリネットに出会い、高校卒業後19才までアマチュアとして活動する。20才のときに在学していた東京家政大学を中退し音大受験を決意。2003年洗足学園音楽大学入学。在学中から演奏活動を開始。 オーケストラや吹奏楽のほか、CDレコーディング、イベント演奏、テレビドラマBGM、ゲームのサウンドトラック収録など活動の幅を広げ2009年に洗足学園音楽大学大学院を修了。受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。  及川音楽事務所第21回新人オーディション合格の他、コンクール・オーディション等受賞歴多数。 NHK「歌謡コンサート」、TBSテレビドラマ「オレンジデイズ」、ゲーム「La Corda d'Oro(金色のコルダ)」ほか出演・収録多数。 これまでに出演は1000件以上、レパートリーは500曲以上にのぼる。 レッスンや講座は【熱意あるアマチュア奏者に専門知識を学ぶ場を提供したい!】というコンセプトで行っており、「楽典は読んだことがない」「ソルフェージュって言葉を初めて聞いた」というアマチュア奏者でもゼロから楽しく学べ、確かな耳と演奏力を身につけられると好評を博している。 これまでに延べ1000名以上が受講。発行する楽器練習法メルマガ読者は累計5000名以上。 「ザ・クラリネット」(アルソ出版)、吹奏楽・管打楽器に関するニュース・情報サイト「Wind Band  Press」などに記事を寄稿。 現在オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動のほか、レッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 BODYCHANCE認定アレクサンダーテクニーク教師。 日本ソルフェージュ研究協議会会員。音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, 思考と心, 本番

Copyright © N music salon All Rights Reserved.