アレクサンダー・テクニーク 思考と心 本番 練習

間違える予感

Pocket

「ミスしそう!」

「やばい指が絡まるかも…」

そんな風に思った直後、実際に間違えたりしたことはありませんか?

わたしは一時期よく体験していて「予感が当たった」なんてバカなことを思ったりしていました。

でも冷静に考えるとミスする予感が当たるなんてことはもちろんありません。

これって実は「ミスしそう」という思考が実際のミスを引き起こした良い例なのですね。

試しに「つまづくかも…足が絡まるかも」と思いながら歩いてみましょう。

何も障害物がなくてもつまづきそうなきっかけを探してしまいませんか?

指や舌や連符など奏法も同じです。

何か動作を思い浮かべると身体はそれを行おうと準備します。

「ミスしない」と思って打ち消しても一瞬で身体はミスの準備をしてしまうものだし、頭に思い浮かんだ「ミス」も消えるわけではありません。

ピンク色の象を絶対に思い浮かべてはいけない

そう言われてとっさに思い浮かべないでいられる人はいないのですね。

「この箇所は不安だな」

「間違えるかも」

そう思っている時は動作としてもそちらに向かっていってしまってるというのを知っておくのは役に立つかもしれませんね。

なにかの参考になれば幸いです。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 本番, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド