楽器練習効率化ガイドブック

隣の人が緊張してるとつられる。

ソロを前に吹いてた人が間違えたら
引き継いだ自分も間違える。

共演者が落ちて音が無くなったら
自分まで一緒に混乱してしまう。

自分は自分と思っていても
意外に釣られたり影響されたりって
あるものなんですよね。

有吉尚子です。こんにちは!

関係ないはずなのに動揺してしまう
それって予想外の出来事に驚いた
というだけではなくもしかしたら

「間違えた人のフォローをしよう」

「落ちた人が戻りやすいように
 何か協力してあげなきゃ」

そんな気持ちが無意識でも
働いているからかもしれませんね。

こう言うと冷たいようですが、
出てしまったミスは引っ込まないし
周りで何かしても無かったことには
ならないんですよね。

アドラー心理学でよく言われる
課題の分離というのを
思い出してみましょう。

大事な場面でコケた仲間がいたら
つい手を差し伸べたくなるのは
自然な心の動きだと思います。

とはいえ本番中に自分が手助けを
できるとしたらどんなことが
あるのでしょうか。

小節番号を教えてあげたり
キメのタイミングで合図したり
というのも場面によっては
可能かもしれません。

でも多くの場合には
落ちた人が戻ってこられるように
ブレずに釣られずにいること
精一杯かもしれません。

「助けてあげたい」
と思うと実際にできることは
何もなかったとしても
身体は何かしようと構えます。

何かしようと構えても現実的に
何をすればいいかわからなければ
固まってしまうんですね。

これが仲間のミスに釣られてしまう
原因の一つでもあり、
自分がひとつミスを出したら
連鎖的に間違えてしまう原因でも
あるかもしれませんね。

そういう自分に出来ることと
コントロール外のことを区別して
考えられるようになったのは
アレクサンダーテクニークを
学んで良かったなとわたしが思う
ひとつのメリットです。

参考にしてみてくださいね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。