アレクサンダー・テクニーク レッスン 思考と心 練習 身体の仕組み

いつも同じところで間違える

Pocket

いつも同じ箇所でミスをしてしまうようなとき、どんな練習をしていますか?

有吉尚子です。こんにちは!

引っかかるポイントを取り出してどうやったらうまくいくのか試行錯誤したりしますよね。

それでも通してみるとやっぱり同じところで引っかかってしまう。

20160823_154145

これ、うまくいくやり方が定着していないのと同時に、うまくいかないやり方が習慣として定着してしまっているパターンかもしれません。

もしかしたら練習の時に「できるかどうか一か八かチャレンジする!」なんてことを繰り返してはいないでしょうか。

できたことよりできなかったことの方が印象が強かったりするので、そんな練習の仕方をしたら間違えるクセをわざわざ苦労して定着させるようなものです。

うまくいった時も失敗した時もなぜそうなったのかを毎回検証するのが練習では大切。

「今のは偶然指が滑ったからとりあえずやり直し」なんてことはしてはダメですね。

指が滑ったり偶然うまくいかなかったように思えることもちゃんと原因があります。

・なぜ指が滑ったのか

・その時にどんなことを考えていたか

・次はどんな工夫をして再チャレンジするのか

ということを1テイクごとに考えてみましょう。

面倒なようですがやたらと無意味に繰り返して変な癖がつくよりずっと上達への近道になります。

曲のイメージが頭にあるとつい今すぐにそれを再現したい!なんて思って丁寧な検証なんかはしていないことも少なくないかもしれませんね。

ピンときたら気を付けてみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド