アレクサンダー・テクニーク レッスン 思考と心 練習 身体の仕組み

いつも同じところで間違える

いつも同じ箇所でミスをしてしまうようなとき、どんな練習をしていますか?

有吉尚子です。こんにちは!

引っかかるポイントを取り出してどうやったらうまくいくのか試行錯誤したりしますよね。

それでも通してみるとやっぱり同じところで引っかかってしまう。

20160823_154145

これ、うまくいくやり方が定着していないのと同時に、うまくいかないやり方が習慣として定着してしまっているパターンかもしれません。

もしかしたら練習の時に「できるかどうか一か八かチャレンジする!」なんてことを繰り返してはいないでしょうか。

できたことよりできなかったことの方が印象が強かったりするので、そんな練習の仕方をしたら間違えるクセをわざわざ苦労して定着させるようなものです。

うまくいった時も失敗した時もなぜそうなったのかを毎回検証するのが練習では大切。

「今のは偶然指が滑ったからとりあえずやり直し」なんてことはしてはダメですね。

指が滑ったり偶然うまくいかなかったように思えることもちゃんと原因があります。

・なぜ指が滑ったのか

・その時にどんなことを考えていたか

・次はどんな工夫をして再チャレンジするのか

ということを1テイクごとに考えてみましょう。

面倒なようですがやたらと無意味に繰り返して変な癖がつくよりずっと上達への近道になります。

曲のイメージが頭にあるとつい今すぐにそれを再現したい!なんて思って丁寧な検証なんかはしていないことも少なくないかもしれませんね。

ピンときたら気を付けてみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド