楽器練習効率化ガイドブック

いつも同じ箇所でミスをして
しまうようなとき、
どんな練習をしていますか?

有吉尚子です。こんにちは!

引っかかるポイントを取り出して
どうやったらうまくいくのか
試行錯誤したりしますよね。

それでも通してみるとやっぱり
同じところで引っかかってしまう。

20160823_154145

これ、うまくいくやり方が
定着していないのと同時に、
うまくいかないやり方が
習慣として定着してしまっている
パターンかもしれません。

もしかしたら練習の時に
「できるかどうか一か八か
チャレンジする!」
なんてことを繰り返しては
いないでしょうか。

できたことよりできなかったこと
の方が印象が強かったりするので、
そんな練習の仕方をしたら
間違えるクセをわざわざ苦労して
定着させるようなものです。

うまくいった時も失敗した時も
なぜそうなったのかを毎回検証
するのが練習では大切。

「今のは偶然指が滑ったから
とりあえずやり直し」
なんてことはしてはダメですね。

指が滑ったり偶然うまく
いかなかったように思えることも
ちゃんと原因があります。

・なぜ指が滑ったのか

・その時にどんなことを
考えていたか

・次はどんな工夫をして
再チャレンジするのか

ということを1テイクごとに
考えてみましょう。

面倒なようですがやたらと無意味に
繰り返して変な癖がつくより
ずっと上達への近道になります。

曲のイメージが頭にあるとつい
今すぐにそれを再現したい!
なんて思って丁寧な検証なんかは
していないことも少なくない
かもしれませんね。

ピンときたら気を付けてみて
くださいね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。