アレクサンダー・テクニーク 練習 身体の仕組み

解剖学なんてめんどくさい

Pocket

楽器演奏のときに使う身体のこと、知ってはおきたいけれど細かい筋肉や骨の構造を学ぶのはめんどうに感じたりはしませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

私もアレクサンダーテクニークを学び始めた頃に「解剖学までやるのはめんどくさい」なんて思ってました。

実際のアレクサンダーテクニークのレッスンでは単純に人体の構造をレクチャーするようなことはほとんどありません。(そういうのを希望する生徒さんがいた時はやることもありますが)

実際にやりたい動作に役に立つことのひとつの選択肢として、「この関節も動けますよ」なんて提案されているうちにだんだん詳しくなっていきます。

とはいえ人によっては知らなくても問題なく使える場合もあるので、誰にでも必ず必要な情報ってわけではありません。

それでも関節の動き方や筋肉の仕組みを知らないために楽器演奏で不自由になってしまってる場合には役に立ちます。

例えばクラリネットの開放ラのキーを指の動きだけで押そうとすると大変だけれど、ヒジの回転を使うと簡単です。

知っていればなんてことない動きが単に知らないためにやりにくくなるのはもったいないことですよね。

そういうのって些細なことなのでわざわざそれを覚えておこうと頑張らなくても、知ったからには無意識で使えるようになったりします。

そういう小さな動きのアイデアを生徒さんや楽団仲間に提案できるようになるには、やっぱり解剖学の知識もあるととても便利です。

また、専門用語は難しいようなイメージがあるかもしれませんが教わった人が後でネット検索や文献で更に知りたくなったときに調べるのにも便利です。

もしも興味が解剖について詳しくなるのも面白いものですよ!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド