アナリーゼ ソルフェージュ 合奏・アンサンブル 練習

音量も表情

Pocket

pと書いてあるから小さく次にfと書いてあったから大きく、クレッシェンドだ大きくしよう

そんな風に演奏してはいないでしょうか?

有吉尚子です。こんにちは!

楽譜に書いてある指示はただ単に大きくとか小さくとかいうことだけでなく、何かの表情やニュアンスを伴ってることがほとんどです。

寝ているお客さんを起こすために突然 sfz で、なんて意図の指示が書いてあるユニークな作品も中にはありますが、そんな曲はとても稀ですね。

20161213_201558

小さい音って言ったって戦いの場面での張り詰めた緊張感か寝ている赤ちゃんに語りかけるのかなど色んな表情があるわけです。

寝ている赤ちゃんに戦いの緊張感を持って語りかけるトンチンカンな人はいませんよね。

楽譜を見たら前後関係でそこがどんな場面か想像できるので突然無意味に大きくなったり小さくなったりということはしにくくなると思います。

pだ、fだ、クレッシェンドだ、という見方ではなく前後の文脈から「なぜどんな風に変化するのかな」なんてことも読み取れたら表情豊かな演奏になりますね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 合奏・アンサンブル, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド