アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習 身体の仕組み

無意識にいらないことしてるかも?

アンブシュアというと身体の
どの部分のコントロールだと
思いますか?

何となく口の辺り…なんて思ってる
方が多いかもしれません。

有吉尚子です。こんにちは!

その通りなんですが、
実際に演奏のためにコントロール
するときには口の辺り全部
まとめて何かするってことは
あまりないんですね。

楽器なしで試してみれば
すぐわかるのでやってみましょう。

唇だけ閉じたり開けたりできるし
顎だけを動かしたりもできるし
舌も単独で動かせますよね。

ところが。

楽器が口に触れたとたんに
そのそれぞれが独立して動かず
連動してしまうことがあるんです。

たとえば舌をコントロールして
口の中の容積を変えたいとき。

つい唇が一緒に絞まったり
アゴの噛みがついでに起きたり。

そうすると高い音をキレイに出そう
という意図で舌を変えたのに
息が入りにくくなって
「高い音は息が入らない」
なんて思ってしまうことが
あるんです。

この場合は本当は高い音だから
息が入らないのではなく
高い音を出そうとしてるときに
余計なこともしているから
なんですね。

こういうことはアンブシュア
だけでなく身体の他の部分の
あちこちで起こることも
別に珍しくはありません。

上手くいかないときは
わかっている原因だけでなく
自分にとって当たり前のこととして
つい無意識にやってしまっている
ことが妨げになってる可能性も
あるものなんですね。

ピンと来たら振り返ってみるのも
たまにはいいかもしれませんね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2020 聴く耳育成メソッド