コミュニケーション ソルフェージュ レッスン 合奏・アンサンブル

合ってるつもりでズレてることも

Pocket

リズムや音程に注意してみてもズレてるのか合ってるのか自分ではよくわからない、なんてことはありませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

いやいや、ズレてかどうかくらいいくら何でもわかるよ!

チューナーで計ってピッタリならいいんじゃないの?

という方は要注意

チューナーで合っていても高い倍音ばかり強調されて出てしまっていたら周りからは浮いて合っていないように聴こえてしまうし、メトロノームで一人では出来ても
旋律パートがほんの少し長めに間を取ったときに気が付かなかったり、そういうのは細かいところまで聴き取る耳の精度がないためにズレに気付けなくて合っていような気がしているだけかもしれません。

知らないことがあるのを知らない、出来ていないことに気付いてない、そういう場合は本人が「なんとかしなければ」という危機感を持っていないのでたまりかねた誰かに指摘されて初めて「そうかな?」と確かめようとしたりするんですね。

自分では合っているつもりでも実はズレているというパターン、レッスンでは結構よくあるんですがこんな場合の第一歩は、自分で気がつけるようになること。

合っていないことに気付いたらやみくもにとにかくメトロノームやチューナーに合わせようとしてしまいがちですが、それはオススメできません。

視覚を頼りに機械に合わせるだけで耳を使わないでいると自分の中に軸となる基準を作ることは出来ないからです。

メトロノームやチューナーは無意識に吹くと自分がどんな傾向になりがちなのかを知る道具です。

自分の耳で違いを聴いてそれによって吹き方を調整する週間をつけるためのトレーニングをしなければいつまでたっても耳は良くなりません。

あなたは機械に頼ってそれで満足してしまってはいませんか?

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, ソルフェージュ, レッスン, 合奏・アンサンブル

© 2021 聴く耳育成メソッド