アナリーゼ ソルフェージュ 思考と心 練習 音楽理論

歌心がないのは誰のせいでしょう

Pocket

「自分は歌心が無い」「良い歌い方がどんなものかよくわからない」そんな風に考えてしまうことってありますか?

そんな風に考えてしまうとしたら歌心やセンスはその人が生まれつき持っているものであって勝手に自然と湧き上がって来る、なんて思っているのではないでしょうか。

ちょっと話は飛びますが人の本来の姿ってどんなものだと思いますか?

何のコントロールもされてない生まれたままの野性状態が人の本来の姿なのでしょうか?

努力して後から作ったものは偽物なのでしょうか?

だとしたらお風呂にも入らず車も使わず病院にも行かないのが人間の本来の暮らしでしょうか。

そんな風には思いませんよね。

衛生のためにお風呂には入るし、車を使ったら便利だし、具合が悪くなったら病院に行く、それはより良い生活を求めて手に入れてきたものです。

話を戻して、「この人はセンスが良いな」「歌い方が素敵だな」と思う人は、天から賜った偶然の産物ではなくたくさんのサンプルを聴いたり歌い方を研究したり、場合によっては門前小僧的に小さい頃から無意識に刷り込まれて身に付けてきたものなんです。

つまりセンスがあるのではなく、これまでにセンスを身につけるプロセスを経てきたってこと。

そしてこれまで歌心を身に付ける機会が無かったのは、サボってたからではなくそういうものだと知らなかったし教えてくれる人もいなかったから。

そういう機会に出会ってそのときに勉強するという選択をしたかどうかなんですね。

その違いによる優劣なんてないし生まれ持ったものの差でもないってこと。

車の存在を知ってるのかどうか、車を使うことを選んだかどうか、そんな違いなのですよ。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 思考と心, 練習, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド