アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習 身体の仕組み

いつの間にか改善する不思議なレッスンの種明かし

Pocket

習慣的にやってしまっている動きが実は演奏には逆効果になってるということがわかったのでやめたいけれど、どうしてもついやってしまってわかっているのにやめられない、そんなことってありませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

奏法を新しくしようとしてるときなんてありがちなことですよね。

これ、「やめたい」ということをただやめるのは難しいんですね。

なぜかというと「やめたい」と思った時点でそれをすることを脳内でイメージしているから。

非常ボタンを「押さないでください」といわれると押したくなりますもんね。

ダチョウ倶楽部だって「やるな」というのは期待を煽っていますよね(笑)

何かをやめたければ、やめたいことではなく替わりにしたいことを考えるのはとても有効なアイデアです。

「この箱を開けてください」と表示があったら開けますよね。

箱の隣に押さないでほしい非常ボタンがあったって箱を開けようとしてる人は別に気に留めないでしょう。

楽器の奏法でも同じこと。

「絶対力まない!」なんて気合を入れて思うよりも「替わりにこれをする」と思ったほうが力みは起きにくかったりするんです。

それが演奏のために本来必要で働いていなかった身体の場所が適切に働くことになる動きなら、仕事を肩代わりしようとして起きていた力みは思い出しもせずに解決するなんてことも少なくありません。

アレクサンダー・テクニークで一見すると生徒さんの訴えとは関係ないところにアプローチして気付いたら問題が解決しているという不思議なことが起きるひとつの種明かしなんです。

やめたいことがあったらそれを決意を込めて考えるより、他にすることを作ってしまうのはおすすめですよ!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド