楽器練習効率化ガイドブック

習慣的にやってしまっている動きが
実は演奏には逆効果になってる
ということがわかったので
やめたいけれど、
どうしてもついやってしまって
わかっているのにやめられない。

そんなことってありませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

奏法を新しくしようとしてるとき
なんてありがちなことですよね。

これ、「やめたい」ということを
ただやめるのは難しいんですね。

なぜかというと「やめたい」と
思った時点でそれをすることを
脳内でイメージしているから。

非常ボタンを
「押さないでください」
といわれると
押したくなりますもんね。

ダチョウ倶楽部だって
「やるな」というのは期待を
煽っていますよね(笑)

何かをやめたければ、
やめたいことではなく
替わりにしたいことを考えるのは
とても有効なアイデアです。

「この箱を開けてください」
と表示があったら開けますよね。

箱の隣に押さないでほしい
非常ボタンがあったって
箱を開けようとしてる人は
別に気に留めないでしょう。

楽器の奏法でも同じこと。

「絶対力まない!」
なんて気合を入れて思うよりも
「替わりにこれをする」
と思ったほうが力みは
起きにくかったりするんです。

それが演奏のために本来必要で
働いていなかった身体の場所が
適切に働くことになる動きなら、
仕事を肩代わりしようとして
起きていた力みは思い出しもせずに
解決するなんてことも
少なくありません。

アレクサンダー・テクニークで
一見すると生徒さんの訴えとは
関係ないところにアプローチして
気付いたら問題が解決している
という不思議なことが起きる
ひとつの種明かしなんです。

やめたいことがあったらそれを
決意を込めて考えるより、
他にすることを作ってしまうのは
おすすめですよ!

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。