楽器練習効率化ガイドブック

「間違えないように」
「ミスをしないように」
そんな風に考えて演奏しようと
することってありませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

何度も書いていますが
人の身体は否定形の言葉ではなく
肯定形の意図で動いていることが
ほとんどです。

だって間違えなければいい演奏に
なるわけではないし、
ミスが出ないことが目標でも
ありませんもんね。

そして
「間違えない」
というのは
「楽譜通りに演奏する」
とは違います。

間違えないためには
「何もしない」
もいう選択肢もありますもんね。

失敗したくないから
チャレンジしない。

怪我をしたくないから
スポーツはやらない。

それなら
新しいチャレンジによる成果や
オリンピックの新記録なんかは
出ないでしょうが
安全に過ごせるのは確かです。

でも演奏の時にはそんな風に
無難にやり過ごしたいわけでは
ありませんよね。

間違えないためじゃなくて
自分の好きな曲を紹介したいとか
楽器の魅力を伝えたいとか
頑張りを見てほしいとか、
何か肯定的な意図があるはず。

「間違えない」

「良い演奏」
とは違うんですね。

ピンと来たら参考にしてみて
くださいね!

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。