楽器練習効率化ガイドブック

速いテンポだとかっこいい曲って
確かにありますが、
音楽は速いほどが良いってわけでは
ないのはもう当たり前ですね。

有吉尚子です。こんにちは!

指の動きや息やアンブシュアの
コントロールなんかで
手一杯になってしまうような演奏は
スピード感はありますが
「音が並んでいるのがすごい!」
「チャレンジしたのがえらい!」
そんな感想になってしまうのなら
ちょっと寂しくないでしょうか。

音が並んでいたって一つ一つの音に
表情やニュアンスの変化があって
フレーズを通して言いたいことが
伝わる演奏なら
「音が並んでいるのがすごい!」
なんて感想は逆に失礼ですよね。

演奏している人からしたら
「ぼくの音楽ではなくテクニック
だけしか見てくれないの?」
なんて思ってしまうかも
しれません。

テクニックがあるのは無いよりは
ずっといいでしょうが、
本来はやりたい表現のために
それが必要なのであって、
ただのテクニックしかなければ
音楽にはなりませんね。

それに細かな表情やニュアンスの
変化をつける技術は
やみくもにテンポを上げるより
ずっと高度なテクニックなんです。

曲を理解するスキルと
細かな音のコントロールを
するためのスキルは、
ただメトロノームと睨み合って
テンポを上げていく練習をする
だけでは身につきませんから
頭も使わなければなりませんね。

テンポを上げることだけが
目標になってしまっていないか
ときには振り返ってみても
いいかもしれませんね。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。